WEBマガジン詳細

Webマガジン Vol.11 - Aug., 2014

自動融点測定器「MPA100」は、融点測定の困難を最新の技術で解消します。

融点の測定は、長時間オペレータが装置の前で一瞬の変化を捕えられる大変な操作です。また、測定には目視を基本とするため、主観が入りやすい点でデータの信頼性にある程度幅が必要でした。SRS社の自動融点測定器”MPA100”は、そんな融点測定の困難を最新の技術で解消します。

  • 1) デジタルカメラ方式

  デジタルカメラを検知器として採用したため、目視と同じ像を自動で取得ことが出来ます。これにより、目視判定に近い判断が可能になりました。このカメラはPC接続時には、拡大モニタ、および、録画用としても機能します。

  • 2) 簡単な操作性

  基本操作は、フロントパネルの測定開始、終了温度、昇温レートを入力し、測定開始ボタンを押すだけの、簡単操作です。セットアップ、オプションメニューにより、様々な条件で測定が可能です。アラーム機能は、長時間の測定や1日に複数のサンプルを測定する場合、必要な時間に集中して作業をするために、とても便利な機能になります。結果はフロントパネル上で見ることが出来ます。


  簡単な操作性—自動融点測定器「MPA100」
  詳しい製品情報は こちら


  セットアップメニュー

 


  オプションメニュー

  • 3) 高分解能で高速測定

  搭載された白金RTDセンサーにより、0.1℃高い温度分解能で400%℃迄の温度範囲を実現しました。また、熱伝導性の良いアルミヒーターブロックの温度情報を瞬時にフィードバックすることで精密な温度制御を可能としました。室温からでもオーバーシュートすることなしに目標温度へ速やかに到達します。測定終了後は空冷ファンにより直ちに測定開始温度までクールダウンし、効率良く作業を進めることが出来ます。

  • 4) 付属のMeltView ソフトウェア(PC制御)

  MPA100の専用ソフトウェア(MeltView Window Software)により、解析中のサンプル画像をリアルタイムで、同時に複数のオペレータで見ることが出来ます。測定結果は、自動計測の後、レポート表示画面で確認出来ます。 取得したデータはPCのHDD上に保存され、何度でも繰り返し見ることが出来、データの信頼性が格段にアップします。また、動画として状態を記録できるので、予備実験、プレゼン資料作成などに役に立ちます。MeltViewはフリーソフトなので、動画データの共有も可能です。保存ファイルには、バッチNo.、試料名も入力出来、データ管理面でも有効です。


  (a) Solid Samples


  (b) Meniscus Point


  (c) Clear Point

仕様

温度表示 融点、及び、融点範囲 温度範囲 室温~400℃
温度分解能 0.1℃ 温度精度 ±0.3℃ (~100℃)
±0.5℃ (250℃迄)
±0.8℃ (400℃迄)
再現性 0.2℃ ソフトウェア 付属
挿入キャピラリー 外形×長さ 1.4~2.0×100(mm) 専用 測定本数 3検体同時可
試料量 2~3mm 電力 AC100V 50/60
重量 9lbs (約4kg) 本体寸法 幅×高さ×奥行 約19×22×35(cm)

関連情報

  この製品の詳細につきましては、下記までお気軽にお問い合わせください。

03-5427-7568 理化学機器営業部
06-6532-1012 大阪営業部

ページトップへ戻る