スタンフォードリサーチシステムズ

スタンフォードリサーチシステムズ

SRS社は、学術研究用途において定評があるメーカーです。
汎用計測器から光計測やガス分析装置まで、低コストで高パフォーマンスを特長とする幅広いラインナップにより、
様々なアプリケーションに対応します。世界中で採用されている実績は、その信頼性の証です。

クロックジェネレータ

クロックジェネレータ

クロックジェネレータ

クロックジェネレータ CG635

SRS社のクロックジェネレータ、CG635は、デジタルクロック信号を広い周波数範囲で発生可能です。高確度かつ低ジッタであるため、デジタル回路の設計・開発および、通信ネットワークの試験に最適です

周波数 0.001Hz~2.05GHz
ジッタ 1ps rms 以下
出力 CMOS、 PECL、ECL、LVDS、RS-485
その他 シングルエンドおよび差動出力
オプション01 PRBS (SMA端子LVDS組み合わせ出力付き)
オプション02 OCXOタイムベース
オプション03 ルビジウムタイムベース
CG640 CMOS(+5Vcc) 50MHz
CG641 CMOS(+3.3Vcc) 250MHz
CG642 CMOS(+2.5Vcc) 250MHz
CG643 PECL(+5Vcc) 1500MHz
CG644 PECL(+3.3Vcc) 1500MHz
CG645 PECL(+2.5Vcc) 1500MHz
CG646 RF(+7dBm) 1500MHz
CG647 CML/NIM 1500MHz
CG648 ECL 1500MHz
CG649 LVDS 2050MHz

クロックジェネレータとは

クロックジェネレータ

クロックジェネレータの原理と仕組み 

身近なところでハードディスクやCPUなど、パソコンの内部回路を正確に動かすためには、回路全体に一定の周波数の信号を送り続ける必要があり、この仕組みを「クロック発振回路」と呼びます。
信号を発振する元になるのは、水晶(クリスタル)振動子やセラミック振動子などで、ハイレベルの機器ではルビジウム振動子も使われます。

クロックジェネレータはこれらの振動子を利用して、幅広い周波数のデジタルクロック信号を出力する装置です。デジタル回路の開発のように、非常に高精度な信号のやりとりが必要な分野では、高性能なクロックジェネレータが必要になります。

クロックジェネレータに求められる性能は、安定的に確度の高い信号を発生させることです。SRS社のクロックジェネレータは、標準タイプの水晶振動子以外にも、オプションとして水晶の100倍の安定性を持つOCXOクリスタルと、水晶の10,000倍の安定性を誇るルビジウムのタイムベースを用意しています。

主な用途と市場

クロックジェネレータは、デジタル回路の設計・開発、通信ネットワークの試験などの分野で応用されています。
コーンズテクノロジーでは、CG635の1機種を取り扱っています。

カタログ・資料

製品に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5427-7564

フォームでのお問い合わせ

ページトップへ戻る