スタンフォードリサーチシステムズ

スタンフォードリサーチシステムズ

SRS社は、学術研究用途において定評があるメーカーです。
汎用計測器から光計測やガス分析装置まで、低コストで高パフォーマンスを特長とする幅広いラインナップにより、
様々なアプリケーションに対応します。世界中で採用されている実績は、その信頼性の証です。

電圧制御電流源

電圧制御電流源  CS580

電圧制御電流源

ロックインアンプの様な精度の高い機器と親和性が高く、ACもしくはDCの制御電圧から精密電流を直接簡単に生成する方法を提供します。半導体や輸送現象、超電導やナノテクの研究にとって好適です。

ソース/シンク電流 100fA~100mA
コンプライアンス電圧 0~±50V
ゲイン 1nA/V~50mA/V
出力電力 5W(Max)
バンド幅 ~150kHz
オプション リモートコンピュータインターフェース (SX199)

電圧制御電流源とは

電圧制御電流源

電圧制御電流源の原理と仕組み 

各種電子機器を組み合わせて測定システムなどを構成する時には、安定的に整えられた電気を提供する電源が必要になります。そのために使用されるのが電流源と電圧源で、共に負荷の大きさが変化しても一定の電流や電圧の電気を供給することが可能です。

SRS社の電圧制御電流源は、ACとDCどちらのタイプで入力した電気でも、適正に電圧を制御して精密電流を生成~出力することができます。生成された電気は極めてノイズが少なく、0~50Vの範囲で電圧の制御が可能です。また100fA(フェムトアンペア)から100mA(ミリアンペア)間の電流を扱うことができます。

微小な信号の測定が必要な分野では、この電圧制御電流源とロックインアンプなどを組み合わせることで、非常に精度の高い測定や実験を行うことができます。SRS社の電圧制御電流源は、RS-232と光ファイバーによるインターフェイスにも対応しています。

主な用途と市場

電圧制御電流源は半導体の開発、通信・OA・電子回路の開発、超電導やナノテクノロジーの研究などで幅広く応用されています。
コーンズテクノロジーでは、CS580の1機種を取り扱っています。

カタログ・資料

製品に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5427-7564

フォームでのお問い合わせ

ページトップへ戻る