スタンフォードリサーチシステムズ

スタンフォードリサーチシステムズ

SRS社は、学術研究用途において定評があるメーカーです。
汎用計測器から光計測やガス分析装置まで、低コストで高パフォーマンスを特長とする幅広いラインナップにより、
様々なアプリケーションに対応します。世界中で採用されている実績は、その信頼性の証です。

ポテンショスタット/ガルバノスタット

ポテンショスタット/ガルバノスタット  EC301

ポテンショスタット/ガルバノスタット

電気化学分野の研究・実験において最適な高精度ポテンショスタット(定電位装置)/ガルバノスタット(定電流装置)です。 タッチパネルを備えており、容易にスタンドアローン操作で所定の電極の準備が可能です。又、専用Windowsソフトウェアもご提供しており、主要な全ての電気化学実験でご使用頂けます。本体のコマンド設定はオープンでユーザソフトウェアを用いた独自波形の書き込みにも対応します。

コンプライアンス電流 ±30V
分極レンジ ±15V
オプション ±20Aブースター
最大電流 ±1A
その他 電気化学的インピーダンス分光法対応
測定用ソフトウェア付き

ポテンショスタット/ガルバノスタットとは

ポテンショスタット/ガルバノスタット

ポテンショスタット/ガルバノスタットの原理と仕組み 

電池やセンサーなどの電気化学測定をする場合、電圧を正確に測定することと制御することが高い精度で求められます。また測定する対象に電気が流れてしまうと、正確な測定は不可能になってしまいます。
そこでポテンショスタット(定電位装置)を使うことにより、対象物に電気を流すことなく正確な測定が可能になります。

電気化学測定では直流分極測定が用いられますが、ポテンショスタットは作用電極~参照電極間の電位を任意にコントロールするために利用され、一方作用電極~参照電極間の電位を計測する場合は、ガルバノスタット(定電流装置)が利用されます。

これらポテンショスタットとガルバノスタットの機能を合わせた装置は、通常P/Gスタットと呼ばれます。EC301もP/Gスタットで、スタンドアローン操作で所定の電極を準備することができます。
またEC301は専用Windowsソフトウェアにより、容易にコンピューターでのデータ処理が可能で、イーサネットやGPIBインターフェースにも対応しています。

主な用途と市場

ポテンショスタットとガルバノスタットは、直流分極測定としてサイクリックボルタンメトリー、クロノアンペロメトリー、クロノポテンショメトリー、電気化学ノイズ測定などに利用されます。
コーンズテクノロジーではEC301の1機種を取り扱っています。

カタログ・資料

製品に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5427-7564

フォームでのお問い合わせ

ページトップへ戻る