スタンフォードリサーチシステムズ

スタンフォードリサーチシステムズ

SRS社は、学術研究用途において定評があるメーカーです。
汎用計測器から光計測やガス分析装置まで、低コストで高パフォーマンスを特長とする幅広いラインナップにより、
様々なアプリケーションに対応します。世界中で採用されている実績は、その信頼性の証です。

熱電対モニタ SR630

熱電対モニタ  SR630

熱電対モニタ SR630

16チャネル熱電対モニターで温度/電圧の読み込み、スキャン、プリントやログ取得が簡単に操作できます。7種類の標準熱電対から選択することで-200℃から+1700℃までの温度読み取りが可能になります。また、リモート操作で最大2000個までタイムスタンプを出力することができます。

入力 16チャンネル(最大)
タイプ B、E、J、 K、R、S、T
温度分解能 0.1℃
表示 ℃、゚K、゚F、 VDC
メモリ 2,000 ポイント
出力 4chアナログ
インターフェ-ス GPIB および RS-232C

熱電対モニタとは

熱電対モニタ SR630

熱電対モニタの原理と仕組み 

熱電対とは「ゼーベック効果」をもとにした原理で、2種類の金属間の電流を利用したセンサーのことです。異なった2種類の金属導体をつなげ、その両端の接点に温度差を設けると、2種類の金属間に電圧が発生して電流が流れます。

この時に電流を生み出す力は熱起電力と呼ばれ、2種類の金属導体の材質と、両端の接点の温度差によって正確にその極性と大きさが決まります。熱電対モニタは2つの接点の温度差から電圧を割り出し、その電圧から温度を測定する装置です。

金属導体には決まった組み合わせがあり、熱電対モニタSR630は7種類の熱電対から選択することで、-200~+1700℃の間での温度測定が可能です。また温度/電圧の読み込み、スキャン、プリントなども簡単な操作で管理できます。

主な用途と市場

熱電対モニタは主に工業用の温度測定や、温度センサーの管理に使用されます。温度測定の応答が速く、広範囲の温度測定が可能で、用途に合わせた温度センサーと組み合わせて使用します。
コーンズテクノロジーでは、SR630の1機種を取り扱っています。

カタログ・資料

製品に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5427-7564

フォームでのお問い合わせ

ページトップへ戻る