スタンフォードリサーチシステムズ

スタンフォードリサーチシステムズ

SRS社は、学術研究用途において定評があるメーカーです。
汎用計測器から光計測やガス分析装置まで、低コストで高パフォーマンスを特長とする幅広いラインナップにより、
様々なアプリケーションに対応します。世界中で採用されている実績は、その信頼性の証です。

周波数カウンタ (タイムインターバル・カウンタ)

周波数カウンタ (タイムインターバル・カウンタ)  SR620 SR625

周波数カウンタ (タイムインターバル・カウンタ)

時間間隔、周波数、パルス幅、立ち上がり立ち下がり時間、周期、位相の測定が可能です。25 ps(rms)の分解能で測定が可能で、周波数の測定範囲は0.001Hz~1.3 GHzです。SR625はSR620のタイムベースにルビジウム発振器を搭載した上位機種です。

時間分解能 25ps シングルショット
最大測定周波数 1.3GHz
周波数分解能 1nHz (10-9Hz)
位相分解能 0.001°
サンプルサイズ 1~1,000,000
統計分析 平均値、最小値、最大値、標準偏差、アラン分散
その他 ルビジウムタイムベース(モデルSR625)

周波数カウンタとは

周波数カウンタ (タイムインターバル・カウンタ)

周波数カウンタ(タイムインターバルカウンタ)の原理と仕組み 

周波数カウンタ(タイムインターバルカウンタ)の役割は、正確なタイム・インターバルを測定することです。ごく簡単に言い表すと、極めて精度の高いストップ・ウォッチのようなものです。

非常に短い周波数まで正確にカウントするため、入力信号は波形整形してからデジタル信号に変換されます。変換された信号は一定の時間で開閉するゲートを通過して、その信号のパルス数がカウントされる仕組みです。
そのため周波数カウンタには、基準時間を作り出す高精度の発振器が内蔵され、基準時間あたりにカウントされたパルス信号がHz単位で計測されます。

カウントされる信号は、計測する時間間隔とパルスの幅とによって決まります。周波数カウンタSR620とSR625とは、25psシングルショットの時間分解能を持ち、最大測定周波数は1.3GHz。
時間間隔・周波数・パルス幅・立ち上がり立ち下がり時間・周期・位相の測定が可能です。また、上位機種のSR625には基準時間の発生源として、高精度なルビジウム発振器が内蔵されています。

主な用途と市場

周波数カウンタは、通信・放送システム、飛行機などの航行システム開発に利用されます。
コーンズテクノロジーではSR620と、上位機種のSR625の2機種を取り扱っています。

アプリケーション

カタログ・資料

製品に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5427-7564

フォームでのお問い合わせ

ページトップへ戻る