スタンフォードリサーチシステムズ

スタンフォードリサーチシステムズ

SRS社は、学術研究用途において定評があるメーカーです。
汎用計測器から光計測やガス分析装置まで、低コストで高パフォーマンスを特長とする幅広いラインナップにより、
様々なアプリケーションに対応します。世界中で採用されている実績は、その信頼性の証です。

高安定度高圧電源

高安定度高圧電源  PS310 PS325 PS350 PS355 PS365 PS370 PS375

高安定度高圧電源

高安定度、低リップルが特長の高圧電源です。 レーザーダイオード、光電子増倍管、電子写真、質量分析、SEM、FIB、ピエゾドライバ、エレクトロスピニング、絶縁耐圧試験等にご使用いただいています。

モデル 出力電圧
PS310 0 to ±1.25 kV
PS325 0 to ±2.5 kV
PS350 0 to ±5 kV
PS355 0 to -10 kV
PS365 0 to +10 kV
PS370 0 to -20 kV
PS375 0 to +20 kV
最大電流 供給電力
20mA 25W
10mA 25W
5mA 25W
1mA 10W
1mA 10W
0.5mA 10W
0.5mA 10W

高安定度高圧電源とは

高安定度高圧電源

高安定度高圧電源の原理と仕組み 

電気設備で利用される電気は、電圧が高まるほど危険性も高くなるため、低圧~高圧~特別高圧の3種類に分類して管理されます。
このうち直流電源で750V~7,000V、交流電源で600V~7,000Vの電圧を「高圧」と呼び、直流・交流を問わず7,000Vを超える電圧を「特別高圧」と呼びます。

一般的に供給される電気は100Vまたは200Vで、動力電源などでは105Vや210V、場合によってはそれ以上に高圧な電気も使用しますが、通常は「低圧」に分類される電気です。
こうした低圧電気を高圧電気に変換する装置が、「高安定度高圧電源」です。

産業用設備や実験用設備などでは、非常に高圧の電気が必要な装置を使用する場合があります。電力会社から送電されている電気は、最終的には電圧を下げて供給されるため、必要なレベルまで電圧を上げなければなりません。
この時には電源装置からの電気を、高安定度高圧電源装置を使って高電圧に変換することで、安定的に高電圧の電気を供給することが可能になります。

主な用途
高安定度高圧電源には、主に以下のような用途があります。

・レーザーダイオードの作動
・光電子増倍管の作動
・質量分析
・絶縁耐圧試験

コーンズテクノロジーでは出力電圧ごとに、PS310、PS325、PS350、PS355、PS365、PS370、PS375の7機種を取り扱っています。

カタログ・資料

製品に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5427-7564

フォームでのお問い合わせ

ページトップへ戻る