スタンフォードリサーチシステムズ

スタンフォードリサーチシステムズ

SRS社は、学術研究用途において定評があるメーカーです。
汎用計測器から光計測やガス分析装置まで、低コストで高パフォーマンスを特長とする幅広いラインナップにより、
様々なアプリケーションに対応します。世界中で採用されている実績は、その信頼性の証です。

パルスジェネレータ 遅延信号発生器

パルスジェネレータ 遅延信号発生器

4ch デジタルディレイ パルスジェネレータ DG645

DG535の上位機種としてリリースされたDG645は、より高確度、低ジッタかつ高速トリガーレートの ディレイ/パルス信号発生器です。

出力 独立4chパルス(最大8ch)
設定範囲 0~2000 seconds
最大発生レート 10MHz
最小分解能 5psec
精度 1ns+(タイムベースエラー×ディレイ)
ジッタ性能 <25psec(RMS)
安定度 (20~30℃) 1x10-10 (Option05搭載時)
インターフェース GPIB、RS232、Ethernet
オプション01 8出力ディレイオプション(5V)
オプション02 8出力ディレイオプション(30V)
オプション03 コンビネーション出力
オプション04 OCXOタイムベース
オプション05 ルビジウムタイムベース
SRD1 100ps 高速立ち上がり時間 モジュール
O645RMS シングルラックマウントキット
O645RMD デュアルラックマウントキット

デジタルディレイ パルスジェネレータ DG535

波形はTTL(0-4Vpk)、NIM、ECL、可変出力電圧など使いやすい出力メニューが特長です。 1985年にリリースされてから、汎用性と信頼性の高さで今なお絶大な人気を誇っています。 国内校正の受付をおこなっております。(校正証明書、試験成績書、トレサビリティー体系図付き) 詳しくは営業担当までお問合せください。 ±32Vリアパネル出力オプションを既存のDG535に増設します。

出力 独立遅延4ch/パルス2ch
設定範囲 0~999.999,999,999,995 seconds
最大発生レート 1MHz
最小分解能 5 psec
精度 1500 ps + (タイムベースエラー×ディレイ)
ジッタ性能 50 psec(RMS)
インターフェース GPIB
オプション02 ±32Vリアパネル出力
オプション03 1ppm TCXOタイムベース
オプション06 トリガーインヒビット モジュール
SRD1 100ps 高速立ち上がり モジュール
O4B 100ps 高速立ち下がり モジュール
O4C バイアス ティー (オプション02+ SRD1 or O4B)
O5 デュアルラックマウント

ディレイボックス DB64

DB64はトグルスイッチのon/offで操作するアナログディレイ回路です。 128通りの組み合わせディレイはフォトマルのタイミング同期をはじめシンプルな遅延回路設定に最適です。

最小分解能 0.5nsec
遅延設定 0~63.5nsec
その他 低反射、低フィードスルー

関連情報

カタログ・資料

製品に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5427-7564

フォームでのお問い合わせ

ページトップへ戻る