低消費電流ワイヤラインモデムICシリーズ

CML 社のワイヤラインモデムIC は、世界中で多くのテレフォンアプリケーション(control, data and signaling systems)で採用されております。FSK、DPSK、QAM 変調方式に対応しており、国際電気通信連合(ITU)規格(V.32 bis / V.32 / V.22 bis / V.22 / V.23 / V.21)、Bell規格( Bell 212A / Bell 202 / Bell 103)に対応し、FSK やDPSK、QAM 変調により75bps~14,400bps のデータレートに対応致します。 この高集積IC はチップ上の機能でテレコム機能の大部分をカバーし、非常に低い電力で動作致します。パッケージを含めたそれぞれの機能・特長はチップ上のハイブリットサーキットでデータオペレーションのために利用することができ、全ての製品は電話とラインのインターフェイス間のアナログスイッチングや2線式/4線式どちらのワイヤシステムでも使用可能な送受信電話ラインインターフェイスを提供致します。 これらの製品はホストマイコンと共に動作し、標準DTMF エンコード/ デコード機能、コールプログレストーン、コールラインID、ファックス/ モデムコールとアンサートーンのような電話信号処理機能の送受信を内部の固定/ プログラム可能なトーン送受信機能で提供致します。IC のコントロールとホストとのデータインターフェイスはC-BUS シリアスインターフェイスを通じて行われ、多くのマイコンシリアルバスと互換がとれます。

特長・機能

  • V.32 bis / V.32 / V.22 bis / V.22 / V.23 / V.21 / Bell 212A / Bell 202A / Bell 103に対応
  • FSK、DPSK、QAM等の複数変復方式に対応
  • 標準機能としての広範囲なワイヤライン信号処理対応
  • 高度なDTMFで“falsing-on-voice”を軽減
  • 柔軟なオンチップシグナルインターフェイス
  • 送受信経路上のフィルタと選択可能なイコライザ機能
  • ソフトウェアコントロール可能な送受信Gain
  • プログラム可能なRx/Tx USARTと柔軟なシリアルコマンド・データインターフェイス
  • ラインパワー動作も可能な低電圧動作
  • SOIC・SSOP・TSSOPの小パッケージによる端子数削減、実装面積の小型化


IC内部ファンクション回路

ITU、Bell規格対応

国際電気通信連合(ITU)規格(V.32 bis / V.32 / V.22 bis / V.22 / V.23 / V.21)、Bell規格(Bell 212A / Bell 202 / Bell 103)に対応しております。CMX869BはV.32 bis / V.32 / V.22 bis / V.22 のオートモデム機能、V.22 bis / V.22のマニュアルモデム機能にも対応しております。


 

対応データレート・変調方式

多数の変調方式の中で75bps~14,400bpsのデータレートを利用でき、オンチップでUSARTS、送受信フィルタ、ラインイコライザー機能、データスクランブル/ディスクランブル機能に加えて、CMX866は同種のシステムの中に使用できるようATコマンドインタープリタを有しております。
また、CMX869Bはオートモデムとマニュアルモデムの2つのモードコントロールが可能で、オートモデムモードでは実質的に独立動作を行います。


 

動作電源電圧

CML 社のワイヤラインモデムIC はラインパワーで動作できるほどの、低消費電力のIC です。最適なパワーコントロールのためにこれらのIC はC-BUS からのコマンドでパワーセーブモード設定も可能です。パワーセーブモードの時はシステムのセットアップとラインモニタリングのために、C-BUS インターフェイスとリング検出回路は動作しています。


 

カタログ・資料

この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子機器・装備営業部(電子デバイスチーム)

東京
  • Tel. 03-5427-7564
大阪
  • Tel. 06-6532-1012

※お電話の受付時間:平日の(土日祝を除く)9:00~18:00
お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る