周波数コンバータ UDCシリーズ

衛星通信環境模擬に最適

衛星/地上局間における伝播遅延、フラットフェーディング、パスロス、位相シフト、ドプラシフトを考慮した衛星通信のRFリンクをエミュレーションします。通信環境再現や模擬が容易で、衛星地上局装置やモバイル通信装置の性能評価等で実力を発揮します。サテライト・リンク・エミュレータ(SLEシリーズ)や精密Eb/No(C/N)発生器を組み合わせることにより、更に実運用に近い衛星通信環境模擬信号を発生させる等、お客様のご要望に応じトータルソルーションをご提供させていただきます。

特長・機能

サテライト・リンク・エミュレータ(SLEシリーズ)との組み合わせにより以下の試験で 優れた能力を発揮致します。

  • ドップラー・シフト模擬
  • リンクアッテネーション模擬
  • 遅延模擬
  • フェーズ・シフト試験
  • 衛星地上局の評価

仕様

  • IF周波数: 70MHzか140MHz選択
  • RF周波数帯: 800MHz-2700MHz
  • 対応リンクチャンネル数: UPとDOWNそれぞれ最大4チャンネル
  • ステップサイズ: 最大-10dBm
  • パワー: 90 – 264 VAC autoranging, 48 – 66 Hz

カタログ・資料

この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子通信ソリューション営業部

東京
  • Tel. 03-5427-7566
大阪
  • Tel. 06-6532-1012

※お電話の受付時間:平日の(土日祝を除く)9:00~18:00
お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る