映像伝送システム Edge Vis

デジタルバリア社の映像伝送システムEdge Visは、独自の画像圧縮エンコード技術を使い、帯域幅に合わせて圧縮レートを可変させることで、ナローバンド環境においてもリアルタイム映像配信を行なうことが可能なソリューションです。災害監視や一時的な対象の監視が必要な場面で、3G/LTEなどの携帯電話回線を利用して機動性の高いリモート監視環境を速やかに構築することができます。

特長・機能

  • 可変エンコーディング技術による世界最高クラスのストリーミング能力
  • 3G/LTEモデム内蔵エンコーダ
  • モバイルエンコーダアプリケーション、モニタリングアプリケーション(iOS/Android)
  • 同じ映像を複数の拠点でリアルタイムモニタリング
  • 音声の同時ストリーミングとリモートPTZコントロール
  • 特定のフレームの高解像度化
  • 容易かつ迅速な展開性と、優れた拡張性をもつ製品群
  • AES256の暗号化により、高い安全性を確保

仕様

Edge Vis S400

  • 外形寸法: L120mm×W72mm×D33mm
  • 電源: DC9V~36V カメラ用DC12V出力
  • 映像入力: コンポジット(PAL/NTSC)×2
  • 音声: ステレオ入出力
  • 通信: Ethernet、SIMカードスロット×2
  • PTZ方式: Pelco、P&D、Canon、VC-C4/5、Sony、Visca、その他
  • 通信速度: 9kbps~1Mbps

カタログ・資料

関連情報

動画

この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子機器・装備営業部(セキュリティチーム)

東京
  • Tel. 03-5427-7565
大阪
  • Tel. 06-6532-1012

※お電話の受付時間:平日の(土日祝を除く)9:00~18:00
お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る