高分解能光音響3D顕微鏡 Photoacoustic Microscopy (PAM)

高分解能光音響3D顕微鏡(PAM)は、非解剖(非侵襲)技法でありながら、in vivo計測にて高分解能(最大XY方向:5μm、Z:30μm)での生体計測や分子イメージング計測を実現する画期的な装置です。本装置では、計測深度1~3mmを実現し、癌組織と癌組織内の腫瘍血管および血管新生などの微細血管を計測することが可能となり、今後さまざまな分野での研究に貢献することが期待されます。

 

  • 無染色(非標識)・非侵襲(非解剖)技法による生体イメージング国内計測例
    (無断複写(転用・転載)はご遠慮ください)

特長・機能

  • 非侵襲かつ非染色(ヘモグロビンやメラノーマなど特定の波長を吸収する特性を持つ分子)で最大3mmの深さ方向のin vivo計測が可能
  • 最大分解能 XY方向:5~45μm(分解能は深さに依存)、Z方向:30μmでのイメージングが可能
  • 使用するレーザー波長により、同一計測領域で異なる分子のイメージングが可能
  • 計測深度にあわせた二種類の光学系 OR-PAM(計測深度 ~1mm)/AR-PAM(計測深度 1~3mm) 
    ※光学系は、 計測深度に合わせて交換することが可能。
  • レーザーは最大2種類を同時搭載可能

アプリケーション

非標識計測

  • 表皮癌(メラニン計測)
  • 脳血栓・血管破裂(Hb計測)
  • 腫瘍血管・血管新生(Hb計測)
  • 虹彩の血管(Hb計測)
  • 酸素飽和度・消費量計測(酸素結合/非結合Hbの二波長計測)

標識計測

  • iRFP遺伝子組み換え
  • ICG標識
  • CongRed標識
  • Auナノ粒子インジェクション

仕様

  • 本体寸法  約450mm (W) x 約600mm (H) x 約600mm (D)
  • 試料室寸法  約300mm (W) x 約300mm (H) x 約350mm (D) ※高さは試料設置台を含む
  • 光学系(計測深度・分解能に応じてオプション選択)
  • 計測深度 OR-PAM  最大1.2mm、AR-PAM: 最大3.0mm
  • 分解能
    • XY方向:OR-PAM: 最大5μm、AR-PAM: 最大45μm
    • Z方向:OR-PAM: 最大30μm、AR-PAM: 最大30μm
  • XY移動距離  20mm (X) x 20mm (Y)
  • レーザー(アプリケーションに応じてオプション選択)

オプション

  • 光学系
    • OR-PAM(計測深度 ~1mm)
    • AR-PAM(計測深度 ~3mm)
  • レーザー:490nm/ 560nm/700nm-900nm (チューナブル)
    • 固定波長  490/532nm
    • チューナブル  700~900nm
  • 小動物用ベッド

イメージギャラリー

血管と腫瘍(マウス)
 

  • 血管と腫瘍(マウス)

血管新生(トランスジェニックマウス)

  • 血管新生(トランスジェニックマウス)

 

動物の血管の動態

  • 動物の血管の動態

 

人体の血管の動態

 

  • 人体の血管の動態

 

カタログ・資料

この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子機器・装備営業部(バイオチーム)

※お電話の受付時間:平日の(土日祝を除く)9:00~18:00
お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る