AIベース・ハンドジェスチャー認識ソフトウェアプラットフォーム

Motion Gestures社が開発したハンドトラッキング・ジェスチャー認識の革新的なソフトウェアプラットフォームは、ほぼ100%の精度を維持しながらジェスチャー認識の開発時間を従来の1/10に抑えることが可能です。
このソフトウェアプラットフォームは、ハードウェアやアプリケーションに依存せず、既存のスマートフォンやタブレット・カーナビ・キオスク端末・医療用機器・家電・産業機器など、カメラを持つあらゆるデバイスにアドオンで組込みが可能です。

この技術により、コロナ渦の影響で益々需要が高まる非接触インターフェースの普及を加速させることを目指します。

 

特長

  • 手の21関節を認識
  • 右手/左手、表裏を瞬時に検知
  • 何人でも同時に検知可能
  • 2Dカメラでも「奥行き」認識が可能
  • カメラの性能により、暗闇、外光下、長距離など様々な環境で使用可能

 

アプリケーション

  • デジタルサイネージ
  • キオスク端末
  • 衛生 (エレベータ・トイレ・医療)
  • 家電 (白物家電・コンロ等)
  • エンターテインメント (LBE・AR/VR・遊技機等)
  • 人材教育(ドライビングシュミレータ・医療教育・ハンズオン等)
  • インダストリアル(組み立てライン・ファシリティマネジメント等)
  • 車載用途 (オーディオ/空調等のコントローラ等)

動画

カタログ・資料

認識ハンドトラッキングとは

認識ハンドトラッキングの原理と仕組み

人の手指の動きをカメラで検知して、さまざまなジェスチャーとして解析するのが、認識ハンドトラッキングとジェスチャー認識の技術です。この技術では手首を起点にして、手のひらの21の関節を座標として測位し、その位置情報をもとにジェスチャーを認識することができます。

カナダのモーションジェスチャーズ(MOTION GESTURES)社が開発した認識ハンドトラッキングは、ハードウェアやソフトに頼らないAIベースであることが特徴です。そのためスマートフォンやタブレット、医療機器や家電にも組み込むことが可能です。

認識ハンドトラッキングでは「静的」「動的」「描画」の3つのジェスチャーを判別でき、複数の手を同時に認識することもできます。また一般的なカメラ以外に、近赤外線カメラや3Dカメラに応用することも可能です。

 

主な用途と市場

認識ハンドトラッキングとジェスチャー認識は、今後非接触型インターフェースへの応用が見込まれる技術です。具体的には各種端末、自動車、ロボット、ゲームなど、幅広い分野への普及が予想されます。 コーンズテクノロジーでは、MOTION GESTURES( モーションジェスチャーズ)社のハンドジェスチャー認識ソフトウェアプラットフォームを取り扱っています。

この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子デバイス営業部

※お電話の受付時間:平日の(土日祝を除く)9:00~18:00
お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る