フィルタ・分離膜 ナノポーラスアルミナ膜、マクロポーラスシリコン膜

高精度なポア配列を実現

本製品は、高精度なポア配列を実現しており、お客様のご要望に応じてポア(孔)の直径や中心間距離を設計し、ご提供します。このポーラス膜は、ナノメートルスケールの粒子を対象としたフィルタや分離膜としてのご利用だけでなく、微細加工技術(lab-on-chip)やセンサソリューション、燃料電池、太陽光発電などの研究・用途にもご提案します。また、金属やポリマーを用いたナノチューブやナノロッド等のような新たな構造にも柔軟に対応します。

特長・機能

  • 蜂の巣状の優れた配列ポア
  • 貫通孔と閉口孔の選択やホール形以外の成型も可能
  • ポア構造のパラメータ定義(ポア径、格子定数、気孔率、膜厚)

SMあrtMembranes1

アプリケーション

  • フィルタセパレータ

フィルタセパレータ

  • 各種センサ 

  • バイオミメティックス 

  • バイオセンサ

  • 燃料電池

  • 太陽光発電

<

  • 気体/ガス分離膜
  • 薄膜リアクター
  • ナノレベルろ過膜
  • バイオ分離膜、バイオ解析膜
  • 標準薄膜
  • ナノ複合材料テンプレート

仕様

◆ナノポーラスアルミナ(酸化アルミ)膜

  • ポア(孔)直径 : 25nm ~ 400nm
  • ポア中心間距離 : 65nm ~ 480nm
  • 気孔率 : 10% ~ 50%
  • 膜厚 : 最大120μm
  • サイズ : 最大140x190mm
nanoporous_almina

◆マクロポーラスシリコン膜

  • ポア(孔)直径 : 1μm ~ 18μm
  • ポア中心間距離 : 1.5μm ~ 20μm
  • 気孔率  : 20% ~ 80%
  • 膜厚  : 最大500μm
  • サイズ  : 最大130mm
macroporous_silicon

 

オプション

独自技術を応用した構造にも柔軟に対応可能です。

  • 非配列設計、配列設計

  • キュービック構造

  • シリコンニードル構造

  • シリコンピーク構造

カタログ・資料

この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子機器・装備営業部(電子デバイスチーム)

東京
  • Tel. 03-5427-7564
大阪
  • Tel. 06-6532-1012

※お電話の受付時間:平日の(土日祝を除く)9:00~18:00
お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る