リアルタイム表面形状解析 高分解能3次元粗さ測定用センサ LCIシリーズ/MPC100

インライン対応 光学式高速3D表面形状・粗さ測定器

LCIシリーズは、リアルタイムに対応した高速計測により表面形状解析が可能な高分解能3次元センサです。フォーカルスペック社が開発したLCI(ライン・コンフォーカル・イメージング法))技術によって、1秒間に最大5kHz(モデルに依存)という高速で、移動するワークの表面粗さの測定も可能にします。測定した結果は、ISO規格に準拠したRa, Rsm, Rz(粗さ値)、表面形状解析(Surface Profiling)、およびヒストグラムとして表示され、外部出力も可能です。
特許技術であるLCI技術は、計測対象の色や材質を選ばないため、今まで計測が困難であった金属(光沢仕上げ)やプラスティックフィルム(透明)のワークを安全性を維持したままナノスケールのZ分解能で計測可能です。インテグレーションに最適な豊富なSDK(LabVIEWやHALCON、C++などにも対応)も提供可能となっており、様々な解析に対応したFocalSpec Mapソフトウェアなど、充実したオプションのラインナップもあります。

又、赤外線光源を用いたMCP100は、ペットボトルなどの透明容器の壁面偏肉厚の計測に最適化されたセンサであり、複数台使用する事で、各部分の偏肉厚計測を高速で実現する事ができます。

特長・機能

  • ISO規格に準拠した高精度3次元粗さ測定および表面プロファイリング
  • 可視光LEDを用いた安全設計で、高い長期安定性(LCIシリーズ)
  • 計測対象の色や材質を問わない
  • 異なる素材の形状や粗さ・コーティング厚を一度に計測する事が可能
  • 製造ラインでも使用できる高速計測をサブミクロンの高精度で実現
  • オンライン測定にも対応する高速計測
  • FocalSpec Mapソフトウェアによる容易なオフライン品質評価が可能

アプリケーション

  • 3D表面形状・粗さ・うねりなどの測定を行うにあたり、課題である『材質による精度の違い』や『製造ラインでの運用困難』に対応
  • オフラインでの高速計測による計測時間の削減
  • AOIに代表される検査装置への組み込み

仕様

【主な仕様:LCI401】

  • 計測範囲(長さ): 4.3mm
  • ピクセルサイズ :  2.1μm(X方向)、10μm(Y方向)
  • Z軸分解能      : 0.11μm
  • 測定距離        : 8mm
  • Z軸範囲          : 1.2mm
  • 計測ポイント数 : 2048
  • 最大計測速度  : 5000Hz
  • サイズ/重量  :300 x 202 x 62 mm, 4kg

【主な仕様:MCP100】

  • 計測範囲(長さ): 5.5mm
  • ピクセルサイズ :  4μm(X方向)、25μm(Y方向)
  • Z軸分解能      : 0.05μm
  • 測定距離        : 12mm
  • Z軸範囲          : 5.5mm
  • 計測ポイント数 : 2
  • 最大計測速度  : 10000Hz
  • サイズ/重量  :262 x 127 x 38 mm, 1.4kg

カタログ・資料

この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子通信ソリューション営業部

東京
  • Tel. 03-5427-7566
大阪
  • Tel. 06-6532-1012

※お電話の受付時間:9:00~18:00 お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る