ジッタ発生器 J7000Aシリーズ

ジッタ評価に不可欠

ノイズ・コム社のJ7000Aシリーズは、高速デジタル回路設計において、低いBERで高速データレートを実現するため、より小さなタイミングジッタを追求する際に必要不可欠な製品です。J7000Aはランダムジッタ(Rj)を18dB以上のクレストファクターとともに発生させることができます。また最大データレートに対して、Rjを発生させることによりマージンを含んだタイミングジッタを最小限に抑えることが可能です。

特長・機能

以下の試験で優れた能力を発揮致します。

  • ランダムジッタソース試験
  • シリアルデータ試験
  • BER及びジッタ試験
  • ディスクドライブチャンネル試験
  • PCIExpress、10G Ethernet、シリアルATA、ファイバーチャンネル等の試験

仕様

  • ホワイトガウスノイズ出力
  • クレストファクター:18dB min
  • ノイズ出力電圧:-3dB(+/-0.5dBm)
  • ノイズ・アッテネータ:0 to 63dB in 0.1dB ステップ(>2GHz)
  • 信号パス増幅率:0+/-1dB、超低歪信号パス
  • 標準コネクタ:SMAメス
  • 6.25” カラーVGA、TFT タッチパネル
  • 寸法:17.22インチ、幅6.30インチ、高さ19.5インチ
  • ベンチタイプ
  • パワー:115VAC、60Hz
  • 動作温度:-10℃?+65℃

カタログ・資料

この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子通信ソリューション営業部

東京
  • Tel. 03-5427-7566
大阪
  • Tel. 06-6532-1012

※お電話の受付時間:平日の(土日祝を除く)9:00~18:00
お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る