エッジプロファイル・バリ高さ測定システム EPシリーズ

金属・バッテリー・フィルムシートのスリット工程の品質管理に最適

フォーカルスペック(FocalSpec)社 EPシリーズは、金属やバッテリー・フィルムシートなどのスリット工程における品質管理をより簡便にするエッジプロファイル・バリ高さの測定システムです。フォーカルスペック社が開発したLCI(ライン・コンフォーカル・イメージング法))技術により実現できたサブミクロンオーダーの非接触での計測により、バリ高さ・エッジドロップ・カットエッジなどの切断面や破断面を容易に計測する事が可能です。その結果、スリット工程の最適な品質管理をナノスケールのZ分解能で計測可能です。

特長・機能

  • ISO規格に準拠した高精度3次元粗さ測定および表面プロファイリング
  • LED可視光を用いた安全設計と長期安定性
  • 計測対象の色や材質を問わない
  • オンライン測定にも対応する高速計測
  • 測定ポイント、全測定長におけるバリのプロファイル
  • 表面状態を3Dイメージング
  • エッジドロップや切断面のプロファイル
  • 後処理に便利な測定結果の生成と統計情報をPDF形式またはCSVファイルで出力

アプリケーション

  • フィルムのスリット工程における品質管理
  • 金属シートの破断面の評価
  • バッテリー用カーボンシートの切断面の品質管理に最適

仕様

【主な技術仕様】

  • 計測範囲(長さ): 4.4mm
  • ピクセルサイズ :  2.2μm(X方向) × 20μm(Y方向)
  • Z軸分解能       : 1μm
  • 対応厚み       :20μm~2mm(鋼)、20μm~ 5mm(アルミニウム)
  • 測定幅       :最大1350mm(EP-1350使用時)
  • 計測ポイント数 : 1プロファイル/0.5mm
  • 測定時間    :約30秒(1350mm測定時)
  • スキャン速度  :約50㎜/秒
  • サイズ、重量  :2350 x 660 x 1100m, 230kg

【主なシステム構成内容】

  • 測定用テーブル(2つのクランプ付き)
  • 駆動機能付きリニアガイド
  • カメラ及び照明による光学センサヘッド
  • PC搭載型移動式アーム

カタログ・資料

この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子通信ソリューション営業部

東京
  • Tel. 03-5427-7566
大阪
  • Tel. 06-6532-1012

※お電話の受付時間:9:00~18:00 お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る