高速赤外線カメラ SPARK M150

【新ラインナップ】SPARKシリーズ 高速中赤外線カメラ

冷却型中赤外線カメラのSPARKシリーズは、幅広い用途でお使いいただけるハイパフォーマンスなカメラです。

SPARK M150は解像度640×512:VGAで220Hzの高速撮影が可能です。温度監視やガス検知、非破壊検査、破壊力学を含む燃焼事象の解析などさまざまな用途に最適です。
堅牢型筐体はIP67に対応しており、従来の研究室などの屋内でしか実施できなかった事象観測だけでなく、屋外の過酷な環境における観測を可能にします。

さらに、従来の超高速赤外線カメラと比較してお求めやすい価格設定となっております。

特長・機能

  • 付属機能
    • IP67規格対応の堅牢型筐体
    • リアルタイムデータ出力 : RAW、NUC、温度、放射温度
    • カメラ用インターフェイス : GigE, Camera Link™, RS232, HD-SDI
    • カメラ内部録画機能    : 1GBメモリ
    • リアルタイム処理機能(RTP-NUC)
    • リアルタイム温度キャリブレーション機能(RTTC)
    • リアルタイム輝度キャリブレーション機能(RTRC)
    • 自動露光調整機能(AEC)
    • 広範囲な温度測定を一度に行うためのEHDRI機能
  • カメラ仕様(FAST M150)
    • 検出器仕様
      ・検出器タイプ: InSb
      ・波長帯域: 1.5μm~5.4μm
      ・解像度: 640×512ピクセル
      ・検出器ピッチ: 15μm
      ・アパチャーサイズ: F/3
      ・センサ冷却: 回転型スターリング(クローズドサイクル)
  • 一般仕様
    • フレームレート: 220Hz@640×512(4000Hz@132×4)
    • 測定シーン温度範囲:0℃~150℃、最大600℃(オプション)、最大1500℃(オプション)、最大2500℃(オプション) 
    • 測定確度: 1Kまたは1%(℃)
    • NETD代表値: 20mK
  • 電気特性
    • 露光時間: フルフレームレートで0.5μs
    • ウィンドウイング機能: 有り
    • ダイナミックレンジ: 16ビット

アプリケーション

  • 内燃機関(エンジン)円筒内熱・分光計測
  • 弾道衝撃解析
  • 銃口の閃光解析
  • ジェットエンジンの燃焼事象解析
  • 爆発事象解析
  • 実験力学(引張試験、圧潰試験)

 

カタログ・資料

イメージギャラリー

高速熱画像-燃焼・点火イメージ

点火における噴射された燃料の検出
点火における噴射された燃料の検出
    (左上から右下の経時変化)

点火が達成された定常状態の画像
点火が達成された定常状態の画像

点火が過渡状態の画像
点火が過渡状態の画像
    (左上から右下の経時変化
      約100ミリ秒 9分割)

 

高速熱画像-爆発事象イメージ

段階的な爆発
段階的な爆発
    (左上から右下の経時変化
      コマ間666マイクロ秒)

流れ方向と速度の解析
流れ方向と速度の解析

膨張性期待の速度と方向
膨張性期待の速度と方向

この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子デバイス営業部

※お電話の受付時間:平日の(土日祝を除く)9:00~18:00
お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る