スタンドオフ型 化学剤検知器 Falcon 4G

離れた場所から化学剤の有無と種類の判定が可能

SECテクノロジーズ社のスタンドオフ型 化学剤検知器、Falcon 4Gは、レーザー技術を応用することで5km以上離れた場所からの化学剤の有無と種類の判定を可能としています。サリン等の神経ガス以外にも、シアン化合物をはじめとする他の有毒ガスにも対応が可能です。また、生物剤(ウイルス等)が散布された場合には、その場所を推定する機能も搭載しています。Falcon 4Gは低消費電力(25W)であるため、三脚を用い、任意の場所でバッテリー駆動による運用が可能です。機動性を重視される場合には、車両搭載用のマウントもご提案致します。

検出可能なガス(例)

  • タブン
  • サリン
  • ソマン
  • シクロサリン
  • VX
  • マスタード
  • ルイサイト
  • アンモニア
  • メタノール
  • エタノール
  • 六フッ化硫黄
  • アルシン
  • 塩化シアン
  • シアン化水素
  • ホスゲン

主な仕様

  • 本体
    • 本体寸法:507x272x296mm
    • 本体重量:約28kg
    • 消費電力:約25W
    • 動作環境:-32℃~55℃、湿度95%以下
  • 検知距離
    • 化学剤:5,000m以上
    • 生物剤:最長1,500m
  • レーザー
    • 波長帯域:9.2~10.7um、9.6~11.3um
    • エネルギー:約50mJ
この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子機器・装備営業部(セキュリティチーム)

東京
  • Tel. 03-5427-7565
大阪
  • Tel. 06-6532-1012

※お電話の受付時間:平日の(土日祝を除く)9:00~18:00
お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る