デジタルノイズ発生器 DNG7500

DNG7500はユーザ定義によるプログラム可能な擬似Additive White Gaussian Noise(AWGN)とCW信号を発生し、RFとマイクロ波、光ファイバ伝送システムの評価試験において干渉や歪測定最適な信号を発生します。 DNG7500は実在するノイズによる干渉状況を正確に評価するためのAWGNとCW信号を合成した70MHzの広域スペクトラム信号を出力します。出力信号はフロントパネルより簡単に設定することが可能なほか、ユーザ定義のデータファイルにより設定することも可能です。また標準でGPIB(IEEE- 488)を装備し、Ethernet(オプション)による遠隔操作にも対応します。

この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子通信ソリューション営業部

東京
  • Tel. 03-5427-7566
大阪
  • Tel. 06-6532-1012

※お電話の受付時間:平日の(土日祝を除く)9:00~18:00
お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る