インタラクティブ ライトフィールド 8K 3Dディスプレイ

裸眼で見られる 8K 3Dディスプレイ

オランダ発のDimenco(ディメンコ社)は独自のテクノロジーで裸眼8K 3Dディスプレイを開発しました。
レンチキュラー方式で裸眼3D表示に対応しており、またライトフィールドディスプレイのため3Dオブジェクトの反射光線を再現します。
アイトラッキングシステムとの組み合わせにより、様々な角度からシャープな3Dオブジェクトをご覧いただけます。
またハンドトラッキングも可能となっており、インタラクティブに3Dオブジェクトの操作が可能です。

 

特長・機能

  • 裸眼3D表示
  • 高精細な8K(7680×4320ピクセル)表示
  • ヘッドウェアやウェアラブル機器が不要
  • リフレッシュレート:60Hz
  • アイトラッキングセンサー対応
  • ハンドトラッキングセンサー対応

用途・応用例

  • キオスク端末
  • ノートPC
  • 3Dコンテンツ作成
  • 3Dテレビ会議システム
  • デジタルツイン
  • 医療用モニタ
  • ゲーム
  • 自動車

カタログ

3Dディスプレイとは

3Dディスプレイの原理と仕組み

オランダDimenco(ディメンコ)社が開発した3Dディスプレイは、専用のヘッドウェアやメガネを使わずに、裸眼のまま高精細な3D映像を見ることができる画期的なディスプレイです。
システムの中核となるのは8K3Dプロセッシングボードで、内蔵したFPGAプログラマブル・チップが、RGB画像信号をリアルタイムで処理することにより、3D映像として出力します。

人間の目は左右の目の位置的なズレによって、対象物を立体視することができます。これを視差と呼びますが、3D映像は左目と右目にあたるカメラで別々に同じ対象物を撮影します。
そのように記録した映像を再生すると、左目用の映像と右目用の映像が別々に出力され、左右の目は位置的なズレをともなった映像を見ることで、それを脳内で立体的な映像に統合します。

この映像を見るには専用の装置が必要でしたが、裸眼のまま、しかも7680×4320ピクセルの極めてクリアな8K3D映像を手軽に再生できるのが、Dimenco社の3Dディスプレイです。

主な用途と市場

3Dディスプレイは3Dコンテンツ作成や、医療用3Dモニタ、ゲーム分野での利用など、今後応用分野がさらに広がる可能性があります。
コーンズ テクノロジーでは、Dimenco社の「SIMULATED REALITY」1機種を取り扱っています。

この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子通信ソリューション営業部

東京
  • Tel. 03-5427-7566
大阪
  • Tel. 06-6532-1012

※お電話の受付時間:平日の(土日祝を除く)9:00~18:00
お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る