インタラクティブ ライトフィールド 8K 3Dディスプレイ

裸眼で見られる 8K 3Dディスプレイ

オランダ発のDimenco(ディメンコ社)は独自のテクノロジーで裸眼8K 3Dディスプレイを開発しました。
レンチキュラー方式で裸眼3D表示に対応しており、またライトフィールドディスプレイのため3Dオブジェクトの反射光線を再現します。
アイトラッキングシステムとの組み合わせにより、様々な角度からシャープな3Dオブジェクトをご覧いただけます。
またハンドトラッキングも可能となっており、インタラクティブに3Dオブジェクトの操作が可能です。

 

特長・機能

  • 裸眼3D表示
  • 高精細な8K(7680×4320ピクセル)表示
  • ヘッドウェアやウェアラブル機器が不要
  • リフレッシュレート:60Hz
  • アイトラッキングセンサー対応
  • ハンドトラッキングセンサー対応

用途・応用例

  • キオスク端末
  • ノートPC
  • 3Dコンテンツ作成
  • 3Dテレビ会議システム
  • デジタルツイン
  • 医療用モニタ
  • ゲーム
  • 自動車

カタログ

裸眼 3Dディスプレイとは

裸眼3Dディスプレイの原理と仕組み

従来の3Dディスプレイでは、視聴する際に専用のメガネやレンズが必要でした。しかし、ディスプレイに特殊な加工を施すことにより、裸眼で3D映像を楽しめるようになりました。

裸眼3Dディスプレイは、表面に「レンチキュラーレンズ」または「パララックス(視差)バリア」を重ねて、右目と左目とが別々の画像を見るように設計されています。この仕組みによって、人間が実際の目で見る景色と同じように、左右の目に視差が生じて画像を立体視できるのです。
人の目は左右に離れているため、右目が見る景色と左目が見る景色とでは、わずかにズレが生じます。これを視差と呼びますが、我々の脳はこの視差を合成して立体的に対象物をとらえます。
これと同じ現象をディスプレイ上に再現するのが、裸眼3Dディスプレイの原理です。

オランダのDimenco(ディメンコ)社が開発した3Dディスプレイは、専用のメガネやレンズを使わずに、裸眼のまま高精細な3D映像を楽しむことができます。このディスプレイでは、裸眼のまま7680×4320ピクセルの、極めてクリアな8K3D映像の再生が可能です。

主な用途と市場

3Dディスプレイは、3Dコンテンツ作成・医療用3Dモニタ・ゲーム分野などで開発と利用が進んでいます。
コーンズ テクノロジーでは、Dimenco(ディメンコ)社の「SIMULATED REALITY」1機種を取り扱っています。

この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子通信ソリューション営業部

東京
  • Tel. 03-5427-7566
大阪
  • Tel. 06-6532-1012

※お電話の受付時間:平日の(土日祝を除く)9:00~18:00
お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る