無線機用音声・トーン・データ処理IC CMX7031

CMX7031は様々な無線機市場における革命的な新プラットフォーム設計へのアプローチを可能にします。
CMX7031は多機能で、Half-Duplex通信方式、音声/信号/データ処理を行うプロセッサーICで、レジャー無線機市場(GMRS、FRS、PMR446、MURS)や一般業務用無線機(PMR/LMR、車載機)など様々な無線機システムに適応します。
CMX7031の機能はCML社のFirmASICTMを用いてFunction ImageTMによって構築されます。このFunction ImageTMは、CMX7031の機能や特性を定義するデータファイルで、デバイスの初期化時にアップロードされます。また、電源入力時には、CMX7031のC-BUSを経由して、Function ImageTMの保存先(外部EEPROM、uC)より自動的に書き込まれ、CMX7031の機能として構築されます。CMX7031の機能や特徴はFunction ImageTMに依存する為に、Function ImageTMを更新することにより、CMX7031の機能や特性を現場で更新する事が可能です。
CMX7031はアプリケーション内でのチップ数の最少化に向け、2つのRFシンセサイザーと簡単なRx/Tx周波数切替機能、プログラム可能なシステムクロックを備えております。このデバイスは、Sub-Audio帯やIn-band帯の信号処理とAudio帯の処理(コンパンダ周波数やプリエンファシス/ディエンファシス周波数も含む)が同時に行えます。更に、パケット化やフリーフォーマットに向けたFFSK/MSKモデム、2つの補助ADC、4つの補助DACインターフェースの機能も備えております。又、このデバイスには順応性のある省電力モードを備えており、64ピンLQFPパッケージと64ピンVQFNパッケージにて提供致します。
CMX7031は上記Function ImageTMをダウンロードすることにより、多様な機能を実現します。CMX7031の機能は毎起動時にFunction ImageTMをダウンロードすることより機能を構築しますので、Function ImageTMを更新することにより、CMX7031の機能をアップグレードすることが可能です。又、ユーザー様のご要望によりFunction ImageTMをセミカスタム化する事が可能です。
尚、リリース予定のFunction ImageTMは予告無く内容を変更する場合があります。

特長・機能

  • Firm ASICTMTechnologyによる機能アップデート可能
  • 音声/信号/データの同時通信可能
  • Full-Audio帯トーン信号処理対応
    プリエンファシス/ディエンファシス、コンパンダ、2.55/3kHz帯域選択フィルタ内蔵
  • In-band帯(Selcall/DTMF)トーン信号処理対応
  • 補助ADC:2系統、補助DAC:4系統内蔵
  • 低消費電力動作(3.0V?3.6V)
  • アナログ入力端子(マイクロフォン、ディスクリミネータ):3系統内蔵
  • RFシンセサイザー:2個内蔵
  • FFSK/MSKデータモデム対応
    FEC、CRC、インターリービング、スクランブリング対応のフリーフォーマットモードもしくはパケットモード
  • Sub-Audio帯(CTCSS/DCS)トーン信号処理対応
  • 補助システムクロックアウトプット内蔵
  • 1点又は2点の変調方式対応Txアウトプット内蔵
  • C-BUSシリアルインターフェース接続
  • 機能ブロック毎の省電力モード機能
  • 64ピン10mm角LQFPパッケージ、64ピン9mm角VQFNパッケージ

アプリケーション

  • 一般・簡易業務用無線機(PMR/LMR)
  • レジャー無線機器(GMRS/FRS/PMR446/MURS)
  • 中継機器・リピータ
  • 船舶用無線機器、海上VHF無線機
  • 航空用無線機器
  • アマチュア無線機器

オプション

PE0201(評価ボード)、PE0001(インターフェースカード)

CMLマイクロサーキッツ社では、CMX7031の評価用に評価ボードPE0201と、他のCML社評価ボードとuCとの接続を行うインターフェースカードPE0001の提供が可能です。
これらは一般的なPCB上で構成されており、2枚の評価ボードとuCを接続し、容易に評価を行うことが可能です。

PE0201

  • この評価ボードはCMX703x製品に対応。
  • RF機能、Baseband機能共に評価可能。
  • 460MHz帯VCO、5V供給での動作。
  • PE0001又はユーザー様のuC開発アプリケーションやエミュレーターを経由してPCによるコマンド及びコントロールが可能。
  • 付属ERPROMによりFunction ImageTMを保存可能。
  • ボード上でCMX703xへの信号処理、コマンド入力、データ処理のアクセスが可能。

PE0001

  • 今後、CMLマイクロサーキッツ社からリリースされる製品(IC)の評価ボードに対応予定。
  • C-BUS経由により、読み込み、書込み、全リセット等の操作が可能。
  • 460MHz帯VCO、5V供給での動作。
  • 8051 uCによる動作。
  • 対象評価ボードのワイドレンジへの接続動作。
  • 対象評価ボード、単体機器への電力供給。
  • PC GUI、ファームウェア、ハードウェアからの供給。
  • 4Mbit Flashメモリ内蔵(再プログラム可能)。
  • RS232によるPCへの制御と通信。

CMX7041

現在、CMLマイクロサーキッツ社ではCMX7031と同等の機能を持ち、RFシンセサイザー機能を取り除いた製品CMX7041の開発を行っております。

カタログ・資料

この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子機器・装備営業部(電子デバイスチーム)

東京
  • Tel. 03-5427-7564
大阪
  • Tel. 06-6532-1012

※お電話の受付時間:平日の(土日祝を除く)9:00~18:00
お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る