【NEW!】世界最小クラス 光検出器 モバイル端末用 CMOSイメージセンサ 「Topaz」

世界最小クラス 産業用CMOSイメージセンサ Topazシリーズ

Topaz 1.5M/2M

世界最小クラスの2.5μmピクセルを採用

Topazシリーズは、テレダインe2v独自のCMOSテクノロジーを用いて設計された低ノイズイメージセンサです。
解像度は1,920×1,080、1,920×800の2種をラインナップ。
高度なCMOSテクノロジーにより、Topazセンサはわずか2.5μmピクセルでハイレベルなパフォーマンスを実現。
独自のチップレイアウトとチップスケールパッケージ(CSP)を組み合わせることでコストを重視するモバイルアプリケーションに適した小型でコンパクトなソリューションを提供します。

CMOSイメージセンサの原理と仕組み

CMOS(Complemental Metal Oxide Semiconductor)とは、半導体素子の構造の1つであり、それを応用した製品を指すこともあります。CMOSイメージセンサは、映像として入力した光を電気信号に変換する役割を果たし、人間の眼では網膜に相当する微細構造です。

カタログ・資料

Product Video「Topaz」

特長

  • 1.5M:1,920x800

  • 2M:1,920x1,080pixel

  • 最先端2.5µm x 2.5µmグローバルシャッタピクセル

  • 4.45mm幅の小型チップスケールパッケージ(CSP) を採用

  • 8bit出力モードで100fps/秒を超えるフレームレート

  • 高速ウェイクアップモード搭載―電源投入後10ミリ秒以内にデコードなど

アプリケーション

  • バーコード&OCRスキャニング

  • FA

  • 自動光学検査(AOI)

  • ロボティクス

  • 物流

  • ドローン

  • IoT エッジデバイス

  • AR/VR

  • ウェアラブルセキュリティ(ボディカメラ)

スペック

 

Topaz1.5M

Topaz2M

解像度

1,920(H)x800(V)

1,920(H)x1,080(V)

製品サイズ

7.65mmx4.45mm CSP

カラーフィルタ

B&W, Color

シャッタモード/ピクセルサイズ

グローバルシャッタ / 2.5μm

光学サイズ

1/3”

アスペクト比

5:2

16:9

Maxフレームレート

130fps@8bit

100fps@8bit

80fps@10bit

65fps@10bit

CMOSイメージセンサに関する記事

■ イメージセンサーのカメラモジュール化:
 
■ TOF イメージセンサーについて:
この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子デバイス営業部

※お電話の受付時間:平日の(土日祝を除く)9:00~18:00
お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る