光検出器 高感度・近赤外領域対応CMOSイメージセンサ Ruby

高感度&近赤外領域対応CMOSイメージセンサ 「Ruby 」

Ruby1.3M
高感度+近赤外領域対応のCMOSイメージセンサ

TELEDYNE e2vはCMOSイメージセンサ高感度品シリーズとして「Ruby」をリリースしました。

5.3µmのピクセルサイズ、80%を超える量子効率(QE)、および近赤外線(NIR)スペクトルで優れた感度とパフォーマンスを提供します。

これにより、システムの照明コストが大幅に削減されるうえ、屋外カメラアプリケーションで暗所でも高精度なパフォーマンスを発揮します。

Rubyシリーズは、Teledyne e2vの代表品「Sapphireファミリー」と同一パッケージ、ピンアサイン、ソフトウェアインターフェースを共有しており、単一のハードウェアとソフトウェアの設計開発コストを削減することが可能です。

カタログ・資料

特長

  • 高量子効率 
    • 量子効率 最大80%
    • 近赤外領域 50%@850nm
  • シャッタ方式
    • グローバルシャッタ
    • ローリングシャッタ
  • Sapphireシリーズとの共通フォーマット

Ruby QE(quantum efficiency)

アプリケーション

  • 監視カメラ
  • 医療カメラ
  • 産業用カメラ
  • バーコードスキャナ/POS
  • スマートカメラ
  • インテリジェント交通システム

Ruby1.3M Product Video

スペック

  解像度(ピクセル) フォーマット(HxV) ピクセルピッチ(μm) シャッタタイプ

フレームレート

@10bits

ダイナミックレンジ
Ruby 1.3M – rolling shutter
1.3M 1,280 x 1,024 5.3 ローリング
60 (>100 at VGA)
>65
Ruby 1.3M – global shutter グローバル >63
この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子機器・装備営業部(電子デバイスチーム)

東京
  • Tel. 03-5427-7564
大阪
  • Tel. 06-6532-1012

※お電話の受付時間:平日の(土日祝を除く)9:00~18:00
お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る