Bluetooth / Low Energyプロトコルアナライザ BPA500

最新規格Bluetooth V4.1、Low Energyに対応したプロトコルアナライザ

フロントライン社は、Bluetooth & Low Energyプロトコルアナライザ「BPA500」を開発しました。小型のComProbeは従来のBluetooth V2.1+ EDR、Bluetooth V3.0 + HS (オプション製品併用時に限る)、Bluetooth V4.0、Low Energy Single Modeに対応し、リアルタイムに解析を行うことができます。さらに、エアーキャプチャのみならず有線接続による試験も可能となりました。 データ取得と信号復調、フィルタ、結果表示、エラー検出などのパフォーマンスを同時解析できるほか、Message Sequence Chartや各チャネルのパケットエラーレート表示といった多様な機能も搭載しています。 プレミアム・メンテナンスを更新していただくことで、常に最新のプロトコル・プロファイルに対応できます。長年培われたFrontline社のプロトコル解析技術は、世界中のお客様より高い信頼を得ています。 また、従来のFTS4BTからBPA500へのアップグレード(有償)も可能です。

特長・機能

  • Bluetooth V4.0に対応
  • Low Energy Single/Dual Modeに対応
  • Bluetooth V2.1 + EDRに対応
  • Bluetooth V3.0 + HSに対応(オプション製品併用時に限る)
  • 取得データのリアルタイム表示
  • 下位層はBasebandから上位層はアプリケーションレベルまで詳細なデコード内容
  • ProbeSync Technologyにより複数のコンプローブ間のクロックを同期
  • Low Energyの3つのAdvertisingチャネルを同時にスニフ
  • SSP Debug Modeに対応
  • 有線接続での解析が可能
  • HCIレベルのスニフに対応(オプション製品併用時に限る)
  • 独自・拡張プロトコルのデコードに容易に対応可
  • 取得データはHDD容量に依存(長時間データ取得に最適)
  • 取得したログはCSVファイルへ簡単エクスポート

カタログ・資料

この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子通信ソリューション営業部

東京
  • Tel. 03-5427-7566
大阪
  • Tel. 06-6532-1012

※お電話の受付時間:平日の(土日祝を除く)9:00~18:00
お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る