光学シミュレーションソフトウェア ASAP NextGen

研究者・エンジニアのためのオプティカル・ソフトウェア

ASAP®NextGenは照明システム、干渉計、画像システムや導波路といった一般的な光学システムを取り扱うために開発されました。マイクロストラクチャーにおける幾何光学、回析伝播は同一の環境下で取り扱われます。ASAP®NextGenはシュペリアル光線追跡性能に基づくノンイメージングオプティクス、柔軟性、非常に忠実な性能予測のための主導的なソフトウェアとして世界で認識されております。

特長・機能

  • 幾何光学解析
  • 波動光学解析 (偏光モデリング、干渉、回折、レーザー光源)
  • 迷光解析
  • CIE/色度解析
  • 並列計算
  • 豊富なライブラリ (光源、材料、コーティング、散乱モデルetc)
  • 最適化
  • 3DCADファイルトランスレーター
  • スクリプトを多言語と融合 (C#、Python、VBScript、JScript)

アプリケーション

  • 自動車照明:
    ・ヘッドライト(ハロゲン、HID、LED、レーザー)、テールランプ、導光板、ヘッドアップディスプレイ等の設計解析
  • ADAS (Advanced Driving Assistant System):
    ・LiDAR (Light Detection and Ranging)、赤外線カメラ、赤外線センサ
  • ディスプレイ:
    ・LEDの配列、導光板の光線追跡の結果の視覚化、OLED
  • 一般照明設計:
    ・ハロゲン照明、蛍光灯、LED照明、投光器、街路灯etc
  • 光学機器:
    ・LCDプロジェクター全体の光学系のモデリング、プリンター、スキャナー
  • 光源設計:
    ・実際の光源の形状、光学的要素を忠実にモデリングした光源データ
  • 光学設計解析:
    ・カメラ、カメラ用交換レンズ、天体望遠鏡等の迷光解析
  • 医療機器:
    ・内視鏡、無影灯、血中酸素濃度計、脈波センサ
  • 光通信:
    ・ボールレンズにより集光されたダイオードレーザ光の光ファイバーへの結合効率の解析
  • 人体眼球モデル:
    ・眼鏡、コンタクトレンズ、眼内レンズなどと眼球を組み合わせた光学解析
    ・ヘッドアップディスプレイの設計
  • 皮膚モデル:
    ・光センサなどと皮膚モデルを組み合わせた光学解析  
    ・化粧品、光線力学的治療などの研究

迷光は望ましくない光です。迷光により、光学製品性能低下や光学設計限界をもたらします。また、迷光により、信号減衰、信号ノイズ比低下、コントラスト減少、放射・光学計測の不正確性や高エネルギーレーザーシステムでの光学部品・検知器の破壊も招きます。
迷光は、光学面や機械面での光散乱・透過光学系でのゴースト反射、点や面でのエッジ回析、熱輻射など、さまざまな現象に起因しています。ASAP®NextGenは、迷光経路決定と迷光量決定が可能です。

我々は、日常生活において、さまざまな輻射を受けています。また、非接触温度センサー、熱外線カメラ、ミサイルシステムなどの性能向上から建築設計まで、紫外線、可視光、赤外線の光線追跡は重要です。ASAP®NextGenは、複雑な光学系の光線追跡に比較的簡単な解析方法をご提案いたします。

オプション

  • 姉妹ソフトウェアであるルーメリカル社のマイクロ/ナノオプティクスシュミレータ FDTDソリューションズとの協調動作により、マクロ、ミクロ分野の統合的な解析を可能にした画期的なソフトウェアです。

この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子通信ソリューション営業部

東京
  • Tel. 03-5427-7566
大阪
  • Tel. 06-6532-1012

※お電話の受付時間:9:00~18:00 お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る