RF 信号発生器 APSIN26G

小型、低位相ノイズ

Model APSIN26Gは小型、軽量の信号発生器です。低位相雑音、高速スイッチングタイム、高出力などの特長を持ち、魅力的な価格で提供します。形状はポータブル卓上タイプ、モジュールタイプ、19インチ1H または 3Hラックタイプが選択可能です。
各種アナログ変調機能を有しています。専用GUIを使用してのコントロールや各種プログラミング言語での制御に対応します。

特長・機能

  • 出力周波数帯域範囲: 100kHz ~ 26GHz
  • 周波数切替時間: 200μs
  • 出力電力: -90dBm ~ +23dBm
  • フロントパネル操作
  • USBまたはEthernet 経由での専用GUIによるPC制御
  • 形状: ポータブルタイプ、19インチ3Uラック、19インチ1Uラック

カタログ・資料

信号発生器とは

信号発生器の原理と仕組み

信号発生器はシグナル・ジェネレータとも呼ばれ、周波数・電力・変調などを整えた電気信号を発生する装置です。電子機器や回路の開発・測定には、さまざまな装置に高精度に整流された電気信号が必要ですが、信号発生器はそれらの装置に基準信号を供給します。

無線通信機などの電子機器内部では、入力したRF信号を中間周波数のIF信号に変換してから利用する場合が多く、それぞれの装置から発生する熱雑音やフリッカ雑音などの影響を受けやすくなります。
そのため高性能の信号発生器では、低位相ノイズという特性が重要になります。電子機器などの開発・測定には、位相ノイズを極限まで抑えた理想的な正弦波が必要で、信号発生器はフィルタなどを通して、可能な限り位相ノイズをカットします。

コーンズ テクノロジーの信号発生器は、低位相ノイズ、高速スイッチングタイム、高出力といった高性能信号発生器に必要な特性をすべて備えています。

主な用途と市場

信号発生器はスペクトルアナライザなどと連携して、無線通信機器などの開発・測定に利用されます。
コーンズ テクノロジーでは、Anapico(アナピコ)社のRF信号発生器APSIN26Gをはじめ、様々な信号発生器を取り扱っています。

この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子通信ソリューション営業部

東京
  • Tel. 03-5427-7566
大阪
  • Tel. 06-6532-1012

※お電話の受付時間:平日の(土日祝を除く)9:00~18:00
お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る