航空機用救命無線機 500 Series

小型・軽量なサバイバル型ELT(PLB)

航空機用救命無線機(ELT)は、航空機や船舶が遭難した際に遭難信号を発信します。人工衛星によりその遭難信号の発信位置を特定し、最寄の国の救助機関へ遭難位置情報が配信されます。ICAO(国際民間航空機関)で要求されている121.5/243/406MHzの3周波数の発信が可能です。日本を含め、世界中で数多くの採用実績を有しています。

特長・機能

  • 小型・軽量なボディ形状
  • トランシーバ機能搭載
  • 豊富なオプションにより様々なニーズに対応
この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子機器・装備営業部(装備・産業機器チーム)

※お電話の受付時間:9:00~18:00 お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る