パーソナルSTED顕微鏡STEDYCON

2014年ノーベル化学賞受賞テクノロジー                   すべての研究者に超解像イメージングを!!

創立者の一人で2014 年ノーベル化学賞を受賞したステファン・W・ヘル博士によって開発が行われた誘導放出抑制STED技術は、従来の光の回折限界を超えた超解像技術として、世界各国で使用されています。

アベリアインスツルメンツ社STED 顕微鏡により撮影された画像はノーベル化学賞のポスターにも使用されています。

そのステファン・W・ヘル博士の夢見たルーチン検査に最適な、パーソナル型 超解像顕微鏡がついに登場!!

特長・機能

  • 既存の顕微鏡で超解像
    蛍光顕微鏡本体をマルチカラー共焦点およびSTEDにアップグレードします。
  • 最高の分解能
    STEDYCONにより、30nmの分解能で画像が取得できます。
  • 省スペース
    コンパクトなSTEDYCONは、カメラサイズで設置可能。どんな研究室にも設置可能です。
  • プラグアンドプレイ
    STEDYCONは数分で組み立て可能。光学的なアライメントを必要とせずに顕微鏡のCマウントカメラポートに接続するだけです。
  • サービスとメンテナンスフリー
    STEDYCONのレーザービームは、特許取得済み「easySTED」光学系を採用しています。
  • 革新的なWebベースのユーザーインターフェイス
    STEDYCONはブラウザ制御ソフトウェアで容易に操作できます!

アプリケーション

  • チューブリン細胞骨格、ゴルジ体、核膜孔複合体など

仕様

STED および共焦点光学系

  • 励起レーザー波長 :450nm, 594nm, 640nm ( すべてパルスレーザー)
  • STED レーザー :775nm ( パルスレーザー)
  • STED 分解能 :40nm 以下, 通常30nm ( 蛍光色素、対物レンズによる。)
  • easySTED 技術 : メンテナンスフリー光学系による全てのレーザーの自動位置合わせ

QUAD-beam スキャナ

  • 特許取得済みスキャン技術
  • スキャンレンズ・フリー設計により、波面歪みを最小化
  • 視野:最大 90 μm x 80 μm (100x 対物レンズ使用時)
  • 最大 1.1 FPS(512×512 ピクセル取得時)、ライン周波数 :最大800Hz
  • 準同時ラインインターリーブ走査による検出
  • 2STED、3共焦点イメージチャネル
  • 単一光子検出APD モジュール 光子検出感度(62% 以上)
  • 検出波長: APD1 :650-700nm APD2 :502-572nm、608-627nm
  • ピンホール: 1.1 エアリーユニット (100x 対物レンズ使用時)

対物レンズ用スキャナー

  • P-721 PIFOC®

ソフトウェア

  • 各種PC、Mac、タブレットで操作可能なブラウザベースコントロールソフトウェア搭載

寸法

  • STED- カメラヘッド: 11cm x 20cm x 20cm ( 幅 x 高さ x 奥行)
  • コントロールユニット: 22cm x 55cm x 60cm ( 幅 x 高さ x 奥行)
  • 総重量 40kg ( カメラヘッド、コントロールユニット)

オールインワン タッチスクリーン PC

  • Intel Core i7-4558U 2.8 GHz Processor
  • 8 GB DDR3 RAM
  • 1 TB 5400rpm HDD ドライブ
  • 8 GB SSD ドライブ
  • 27 インチ タッチスクリーン

カタログ・資料

イメージギャラリー

イメージ-STEDYCON

この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子機器・装備営業部(バイオチーム)

※お電話の受付時間:9:00~18:00 お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る