RFパワーアンプIC CMX901

最大40dBの高利得を実現するRFパワーアンプIC

CMX901は3ステージアンプで構成されている高利得・高効率のRFパワーアンプで、130MHz~950MHzのVHF/UHF帯で使用するのに最適で、160MHzで最大2.5W出力することが可能です。第一、第二段のアンプはそれぞれクラスA、クラスABモードで動作し、第三段は最大効率のためクラスCモードで動作します。入力整合回路と出力整合回路は外部部品を経由して実装されるため、任意の動作周波数で最大電力と効率を確保するために調整できます。パッケージは実装面積が小さい5㎜×5㎜の低熱抵抗28ピンWQFNです。

特長・機能

  • 130MHz~950MHzのワイドバンド周波数対応
  • 出力パワー
    • 2.5W(160MHz)
    • 1.8W(435MHz)
    • 1.5W(915MHz)
  • 最大40dBの高利得
  • VHFにおいて最大60%の高効率
  • 電源電圧2.5V~6.0V
  • 小型28ピンWQFNパッケージ

 

              CMX901ブロック図

アプリケーション

  • 無線データ通信FSK、FFSK/MSK、GFSK/GMSK、マルチレベルFSK
  • アナログFM無線機
  • クラスB AIS、AIS-SART
  • RFIDリーダー/ライター
  • 自動検針(AMR)
  • 無線センサネットワーク メッシュ/アドホックシステム
  • リモートコントロール及びセンシングシステム

評価ボード

CMX901評価用ボードは動作周波数によって3種類あります。

  • EV9011-160 (動作周波数:150MHz-170MHz)
  • EV9011-435 (動作周波数:400MHz-470MHz)
  • EV9011-915 (動作周波数:900MHz-930MHz)

カタログ・資料

この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子機器・装備営業部(電子デバイスチーム)

東京
  • Tel. 03-5427-7564
大阪
  • Tel. 06-6532-1012

※お電話の受付時間:平日の(土日祝を除く)9:00~18:00
お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る