RF 信号発生器 APSINX010HC

低価格 RF信号発生器

APSINX010は、9 kHzから2、4、および6.1 GHzのRF周波数範囲をカバーするアナログRF信号発生器(アナログ信号源)シリーズです。優れた信号純度、低位相ノイズ、高速スイッチング速度、広い出力電力範囲などの特性と、非常にコンパクトなサイズ、軽量、低消費電力の組み合わせにより、機器はラボ、工場、屋外フィールドで使用できます。

カタログ・資料

特長・機能

特徴
OCXOはmHz分解能で低位相ノイズ信号を安定化
広く正確に水平化された出力電力範囲
AM、FM、PM、パルス変調などの広範な変調機能、およびこれらのアビオニクス専用変調VOR / ILS
高速スイッチング、スイープ、トリガー機能、およびユーザーがプログラム可能な8〜200MHzの外部基準周波数
低消費電力と低消費電力、ノイズの多いファンは搭載しておりません。
オプションの内蔵バッテリーモジュールを使用して、最大3時間の屋外フィールドアプリケーションを可能にします
各種形状:ポータブル/ベンチトップ、19インチラックマウントなど。
フロントパネル操作、通信ポートUSB、イーサネット、およびオプションでGPIBを使用できます。
PC上でGUIまたはSCPI / ATEコマンドからローカル/リモートで操作できます。
APSINX010 RF信号発生器は、ラボ、生産現場、屋外フィールドの多くのアプリケーションに適しています。

•高出力電力、低位相ノイズ
•包括的なAM、低歪み、広帯域DC-FM、および高速パルス変調
•強力なトリガーモードとスイープモード
•ポータブルバッテリー操作

アプリケーション

•R&D低ノイズ信号源
•生産テスト
•サービスとメンテナンス
•信号シミュレーション
•航空宇宙および防衛
•インストールとメンテナンス

仕様

周波数範囲 9 kHz to 2.0, 4.0, 6.1 GHz  
周波数分解能  0.001 Hz
出力電力 -120〜 + 17 dBm(オプションPE3を使用)
スイッチングスピード 400 µs
位相ノイズ -80 dBc/Hz 1GHz 10Hzオフセット
位相ノイズ -117 dBc/Hz 1GHz 1kHzオフセット
位相ノイズ -130 dBc/Hz 1GHz 100kHzオフセット
位相ノイズ -150 dBc/Hz 1GHz 10MHzオフセット
リモート制御  Ethernet, GPIB, USB (SCPI v1999)
変調方式  AM, Chirps, FM, PM, Pulse
スイープ機能  list, power
寸法 (W x L x H), 重量

173.6 x 270.7 x 116.9 mm [6.83 x 10.66 x 4.60 in], 2.5 kg

 

オプション

PE3 メカニカルステップアッテネーター  
B3 内部充電式バッテリーモジュール
GPIB GPIBインターフェース
EB6 12〜25V電源用の電圧コンバーター付き外部電源バンクアダプターケーブル
AVIO アビオニクス(DME、VOR、ILS)
1URM 1Uラックマウントモジュール
REAR 出力をリアパネルに移動
OEM OEMパッケージ
WE 1年間の保証延長(標準:2年間)
ReCal テストデータを使用した再校正(推奨:2年間隔)
BAG AnaPicoバッグ
APSIN2010HC 9 kHz – 2000 MHz
APSIN4010HC 9 kHz – 4000 MHz
APSIN6010HC 9 kHz – 6100 MHz

 

この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子システム営業部

東京
  • Tel. 03-5427-7566
大阪
  • Tel. 06-6532-1012
中部
  • Tel. 0566-91-7592

※お電話の受付時間:平日の(土日祝を除く)9:00~18:00
お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る