Wi-Fi6Eマルチパスエミュレータ

無線環境下での忠実なマルチパス効果を再現

APIワインシェル社は、IEEE 802.11-03/940r1のTGn-Bチャネルモデルで規定された環境を再現するマルチパスエミュレータをリリース致しました。20nsの遅延間隔で二つのクラスタを発生、各クラスタは指数関数的に減衰する一連のタップを作り出すことが可能です。本エミュレータは独立した4つのチャンネルにバイパススイッチを備えている為、マルチパス環境のバイパス切り替えも可能です。また、本エミュレータにはプログラマブルフェーズシフタが組み込まれており、正確な周波数応答の調整が可能です。

カタログ・資料

特長

・実環境下に近いマルチパス効果を生成
・クラス最小レベルの挿入損失(13dB)とタップ間ロールオフ(6.5dB)
・TGn-A/Bチャネルのシミュレート 
・バイパスチャンネルを備えた4つの独立チャンネル 
・チャンネルごとに2つのクラスターを生成
・プログラマブルフェーズシフタとディレイラインを実装

制御系

USB-LANアッテネータは、USB2.0若しくは、10/100Base-T Ethernetのインターフェイス経由で4つのチャネルそれぞれのアッテネーションを制御可能です。アッテネーションチャネルは、個別/同時に制御可能です。

10/100BaseT Ethernet:Ethernetポートは、10/100BaseT制御をサポートしており、インターフェーススピードとデュプレックスモードのオートネゴシエーションに対応しており、IP、UDP、TCP、ICMP (ARP & PING)、 DHCP、AUTOIP、TELNET、HTTPを含むプロコトルをサポートしています。TCP & UDPサーバを使用することで、通常のプログラミング環境への接続が可能です。TELNETサーバーは、多機能のシリアルコンソールを実行するCLIを実行するコマンドラインインターフェースと、ブラウザ若しくはJQUERY経由でコントロール可能なHTTPサーバーが供給されています。

USBコントロール:USBモードでは、アッテネータはUSBホストへのUSB2.0接続で制御と電源供給が可能で、この場合、USB CDCデバイスとして機能します。このデバイスを制御するプログラミングは、シンプルなASCIIテキストベースのメッセージで行うことが可能です。

基本仕様

RF仕様

この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子システム営業部

東京
  • Tel. 03-5427-7566
大阪
  • Tel. 06-6532-1012
中部
  • Tel. 0566-91-7592

※お電話の受付時間:平日の(土日祝を除く)9:00~18:00
お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る