アコースティックカメラ (音声可視化計測装置)

音源の可視化を簡単に実現。2Dだけでなく、3Dでの 立体画像化も可能です

ドイツのGFaI Tech社は音源の可視化の注力したメーカーです。

測定条件(対象物、用途、周波数、測定距離等)に合わせて、最適なハードウエア、ソフトウエアを提供致します。

設置も測定も簡単に行えて、異音調整や静穏設計の推進を担います。

特長

■音声の可視化が可能
■40-20KHzまでの幅広い周波数帯域でのデータ取得が可能
■近接から遠距離(~500m)に位置する対象物に対する測定が可能
■測定条件に合わせてマイクロフォンアレイの形状、大きさを選定
■充実したソフトウエア機能
 -2D,3D画像描写
 -スペクトラム測定
 -周波数の選定
 -映像の再生、時間軸に沿ったスペクトラム再生も可
 -カスタマイズ可

アプリケーション

■自動車(内装、エンジン音)
■飛行機
■鉄道
■風力発電
■家電
■住宅設計
■音響設計(ホール、スタジオ)等

アコースティックカメラとは

アコースティックカメラの原理と仕組み

アコースティックカメラ(音声可視化計測装置)は、音を映像化し、この音の見える化によって、その音がどの方向からどの程度の強さで届いているのか、ディスプレイ上で眼で確認できるようになる装置です。

音の見える化により、ある製品が発するノイズなどの異音(音源)探査が可能になり、ノイズ源を特定して製品を改良することができます。また生活空間での騒音問題などでは、異音(音源)検知により音の発生源をつきとめ、生活の質を向上させることも可能です。

アコースティックカメラは、可視光で撮影した画像にマイクロフォンアレイで測定した音のデータを重ね合わせて可視化します。それにより眼で見る空間の中で、音を画像として捉えることが可能となります。

主な用途と市場

アコースティックカメラは、飛行機・鉄道・自動車などの異音(音源)探査や、コンサートホールの音響設計など、幅広く利用可能です。 コーンズテクノロジーでは、ジーファイテック(Gfai Tech)社のアコースティックカメラを取り扱っています。

カタログ資料

この製品についてのお問い合わせはこちら

ご覧いただいている製品の仕様にご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせください。
当社スタッフが必要な条件・用途をお伺いした上で、最適な製品をご提案いたします。

電子システム営業部

東京
  • Tel. 03-5427-7566
大阪
  • Tel. 06-6532-1012
中部
  • Tel. 0566-91-7592

※お電話の受付時間:平日の(土日祝を除く)9:00~18:00
お問い合わせはフォームでも受け付けをしております。

ページトップへ戻る