ニュース&イベント

ペラソ社、CES2017にてWiGigデモンストレーションを実施

コーンズテクノロジー株式会社(本社:東京都港区、社長:山口雅彦)が販売代理店を務めるWiGigチップセットのリードカンパニーである、ペラソ テクノロジーズ社 (Peraso Technologies 本社:カナダ、以下ペラソ社) は、1月5日~9日、ラスベガスで開催された「CES 2017」にて、4Kワイヤレスゲーミング・ワイヤレスネットワーキングを含む複数の802.11ad アプリケーションのデモンストレーションを実施しました。
このデモンストレーションは、ペラソ社のWi-Fi認証済みのWiGig W110 USB 3.0アダプターと、先日発表されたW120 WiGigフェーズドアレイチップセットをベースとしています。

60GHzバンドの使用によりWiGigを使用する製品は、ゲームやVRのような多くの帯域幅が必要なアプリケーションにおいて、新しいレベルのワイヤレスインタラクティビティを提供します。特に2017年は早ければ第一四半期にWiGig製品が発表になるというほど、WiGig技術の進化が現れる重要な年だとされています。またWiGigは、既存の典型的なWi-Fiに起こる混雑問題も解決する、802.11acの5倍以上の超高速データレートを誇っています。 

「CES 2017」でペラソ社が行ったデモンストレーションのWiGigアプリケーションについて

  • マルチギガビット 802.11ad ワイヤレス接続
  • マルチベンダー間での802.11ad アクセスポイント 相互接続
  • 4K WiGig ワイヤレスディスプレイ・ゲーミング
  • WiGig ワイヤレスドッキング

ペラソ社のプレジデント兼CEOであるRon Gibberyは以下のように述べています。
「CES 2017はWiGigの見事なスピードとパワーを、多数のエキサイティングなアプリケーションでのデモンストレーションで見せることができる重要なイベントである。我々はWiGigを3~5年後、事実上全てのコンシューマ向けエレクトロニクス製品における必要不可欠な伝達技術として活躍することを期待している。」

ペラソ社は現在コンシューマ向けと、60GHz無線インフラシステムの野外機器向けのWiGig ICソリューションを量産出荷しています。ペラソ社のWiGig認証済みICは、ルーター・ドッキングステーション・USBアダプター・バックホール等を通じて、2017年のビジネスユース・ホームユースで活躍する見込みです。

ペラソ社について

ペラソ社は、カナダ・オンタリオ州トロントに本社を置くファブレス半導体メーカーで、WiGig IEEE 802.11ad規格に向けた60GHz帯のチップセットやソリューションの開発に重点をおいています。ペラソ社は、モバイルとワイヤレス市場をターゲットにしており、小サイズ、低消費電力、価格競争力を注力した製品を提供します。 詳細は、http://www.perasotech.com/をご覧ください。

当社ペラソ社製品紹介ページ

本件に関するお問い合わせ先

電子機器営業部 (東京)

TEL
  • TEL:03-5427-7564
  • FAX:03-5427-7572

電子機器営業部 (大阪)

TEL
  • TEL:06-6532-1012
  • FAX:06-6532-7749
ページトップへ戻る