ニュース&イベント

Bluetooth関連オンデマンドウェビナー動画ご紹介(Teledyne LeCroy Frontline社)

はじめに

Bluetoothプロトコルアナライザを提供するTeledyne LeCroy Frontline社主催のオンデマンドウェビナー動画をご紹介します。
同社はBluetooth SIGのサポートメンバーであり、Bluetoothの規格立ち上がり当初からプロトコルアナライザを提供する業界のリーディングカンパニーです。

ご視聴には初回のみユーザー登録が必要となります。

 

■ウェビナー画面(初回)

 

 

■ウェビナーを日本語字幕に切り替える方法:以下の画面をご参照ください

オンデマンドウェビナー動画(日本語字幕付き)

■Bluetooth LE Audioストリームに関するウェビナー
このウェビナーでは、Teledyne社のソフトウェアと実際のキャプチャーデータを使ってBluetooth LE Audioについてご説明いたします。
<主なトピック>
– Bluetooth 5.2 LE Audioの機能について
– マルチストリームによるオーディオ再生
– ブロードキャストによるオーディオ再生
– アイソクロナスチャネルでのオーディオデータ転送の仕組み
– アイソクロナスアダプテーションレイヤーでのオーディオデータ再構成
 

効果的なBluetooth無線データ取得方法に関するウェビナ
このウェビナーでは、無線(OTA)Bluetoothキャプチャーデータ取得方法を初めて学ぶ方や、信頼性の高いデータ取得のためにデータ取得方法を最適化したい技術者向けに
実践的な内容をご説明いたします。
<主なトピック>
– Bluetoothデータのキャプチャにおける適切な機器配置
– 屋内における電波伝搬に関する問題(パスロスと電波干渉)
– パケットエラー発生率の計測
– 無線(Over-the-Air)での検証
– キャプチャ―データ最適化のためにするべきこと
– Bluetoothスペクトラム分析
– コンダクティブ方式による検証

 

■Frontlineのツールを使用したBluetooth 5.2の機能に関するウェビナー
Bluetooth 5.2では、Enhanced Attribute Protocol (EATT)・LE Power Control (LEPC)・Isochronous Channels (CIS/BIS)といった新しい機能が追加されています。
このウェビナーでは、実際にキャプチャされたデータを元にBluetooth 5.2の新機能についての解説とこれらの機能のデコードとデバッグを支援するFrontlineWireless Protocol Suiteについて
ご紹介いたします。

 

■Frontlineのツールを使用したBluetoothのエラー検出/訂正に関するウェビナー
Bluetoothプロトコルでは、通信時のエラー検出/訂正を行いますが、実際のシナリオやアプリケーションではさらなる解析を行うツールが必要となります。
このウェビナーでは、エラー検出/訂正の原因や必要性、Frontlineのツールを使った解析の方法についてご紹介いたします。

 

Frontlineのツールを使用したBluetoothのセキュリティに関するウェビナー
このウェビナーでは、標準のBluetooth接続の基本・安全でない接続のリスク・予期しない挙動の特定など、 Bluetoothセキュリティの原理とメカニズムを紹介します
これらについて、Frontlineソフトウェアとツールを使って実際にキャプチャされたデータを使用してご説明いたします。

 

 

Teledyne LeCroy Frontline社について

Bluetooth SIGのサポートメンバーとして、規格として正式に制定される前の機能もいち早くサポート。プロトタイプ段階の製品・技術開発にもお使いいただけます。
Bluetooth SIG及び各開発企業と協力し、次世代規格のプロトコルに対応したアナライザ、試験サービスを提供します。

・Teledyne LeCroy Frontline社製品はこちら

・総合カタログはこちら

本件に関するお問い合わせ先

電子通信ソリューション営業部 Teledyne営業チーム

TEL
  • 03-5427-7566
  • Email:ctl-teledyne@cornes.jp
ページトップへ戻る