ニュース&イベント

Teledyne FLIR社製サーマルカメラが、 米・ADASTEC社のレベル4自動運転バスプラットフォーム『flowride.ai』に 採用されました

先日、世界初のレベル 4/フルサイズ/フルスピードの自動運転バスプラットフォームである『flowride.ai』をデビューさせた米・ADASTEC社は、当該プラットフォームにTeledyne FLIR社製のサーマルカメラを採用しました。その詳細について、ご紹介します。

adastec-1

自動運転乗用車の開発に関連して、OEM やイノベーターは、自動運転車のエコシステムを開発するための大規模な取り組みの一環として、公共交通機関にも取り組んでいます。 米・ADASTEC社は、公共交通機関の自動運転領域で躍進を遂げている企業の 1 つであり、先日、世界初のレベル 4/フルサイズ/フルスピードの自動運転バスプラットフォームである『flowride.ai』をデビューさせました。

自動運転プラットフォーム『flowride.ai』は、24 時間年中無休で稼働するように設計されており、気象条件が絶えず変化する場合も含まれるため、Teledyne FLIR社製のサーマルカメラが必要になります。
サーマルカメラは、他の一連のセンサーモダリティと組み合わせることで、他の車両・自転車・歩行者が同じ道路を共有する混合交通環境向けの安全な自動運転車システムの確立に寄与します。

adastec-2

米・ADASTEC社は、道路上とその付近・バス停での全ての道路利用弱者の検出と安全性の向上に焦点を当てたサーマルカメラを統合しました。
サーマルカメラは、周辺の車両やその他の一般道上や都市の標識や植物などの物体よって部分的に遮られている歩行者を簡単に区別して分類するための、重要なセンサー技術そのものと言えます。

Why Thermal Imaging?

サーマルカメラは、地球上のあらゆる物体によって生成および反射された熱、つまり赤外線エネルギーを検出するため、夜間にはヘッドライトよりも最大 4 倍遠くまで見ることが可能です。熱感知は、夜間・日陰・夕暮れ・日の出・直射日光やヘッドライトのまぶしさなどで視認性が低くコントラストの高い条件など、他のセンサー技術では困難になる可能性がある運転状況で優れています。
パッシブセンシングモダリティであるサーマルカメラは、LIDAR やレーダーなどの他のアクティブセンサーの影響を受けたり、イメージングが不可になる状況がなく、霧・煙・埃などの厳しい気象条件においても効果的です。

『flowride.ai』とのサーマルカメラの統合

自動運転プラットフォーム『flowride.ai』は 2式のFLIR社製サーマルカメラを搭載しています。1つ目はバスの前方に配置されて前方をスキャンし、2つ目のカメラはバスの右側の後部に取り付けられ、横方向をスキャンします。 この配置は、歩行者・自転車さらにはバスの経路に向かって移動する動物、特にバス停近くや横断歩道の近くに立っている歩行者を検出するために不可欠です。
サーマルセンサーのデータは、RGB (可視)カメラ、LiDAR・超音波センサー・レーダーからのデータと融合され、様々な条件での環境を把握して最も適切な意思決定と安全な動作を行うための冗長性と柔軟性を提供します。

米・ADASTEC社は、トルコに拠点を置く商用車メーカーであるKarsan社と提携し、自動運転プラットフォーム『flowride.ai』を全長8 メートルの電気バス『ATAK』に統合しました。
現在、自動運転バスはルーマニアとトルコでいくつかのプロジェクト向けに配備されています。 2021 年に予定されているプロジェクトの一環として、米国とヨーロッパへ展開を拡大する計画があります。

車載評価用の遠赤外線カメラモジュール ADK2.0

Teledyne FLIR社では、車外に搭載した遠赤外線カメラを使用して夜間や雨天・降雪・霧・逆光などの悪天候下での評価をすぐに開始できるよう、IP67の防塵防水ハウジングを行ったADK 2.0を提供しています。
解像度はVGAクラスの640 x512、画角は24°/32°/50°/75°から選択可能です。インターフェースはUSB2.0/GMSL/イーサネットから選択可能で、USB出力の場合は専用のGUIをPCへインストールすることで、撮影画像をPCで直ちに確認可能です。

その他、詳細は弊社Webサイトをご確認頂くか、弊社担当者までお問い合わせ下さい。

■コーンズテクノロジー Teledyne FLIR社製ADK2.0 Webページ(https://www.cornestech.co.jp/tech/products/products_boson-2-4/

Teledyne FLIR社について

テレダイン フリアー社(Teledyne FLIR)は、一般・産業・軍事向けに様々な熱画像システムを設計・製造及び販売する世界トップシェアを誇るメーカーです。
製品の赤外線画像システムは、暗闇や悪天候等あらゆる状況下において赤外線エネルギー(熱)を検出して画像化する技術です。検出器・電子機器・特殊レンズなど製品の重要な部品を自社で設計・製造しています。

■Teledyne FLIR社メーカーWebページ(https://www.flir.jp/)

コーンズテクノロジーについて(Teledyne FLIR社 国内代理店)

コーンズ テクノロジーは、長年にわたり日本と諸外国との貿易発展に寄与してきたコーンズグループの一員で、日本産業界のニーズに合った新製品や新技術をプロモーション、マーケティング、及び販売する技術専門商社です。世界中のパートナーと密に連携して、当社はお客様に迅速且つフレキシブルに世界最高レベルのご提案をさせて頂きます。

■当社Webサイト(https://www.cornestech.co.jp/

ECサイトでもご購入頂けます!

当社取り扱いのTeledyne FLIR社製遠赤外線カメラの一部製品はECサイトからもご購入頂けます。
是非、以下のリンクよりご確認下さい。

■コーンズ テクノロジーオンラインショップ (https://ctl-commerce.com/

■自動運転向けWeb展示会ページ(下のバナーをクリックしてご覧ください)adastec-3

 

本件に関するお問い合わせ先

電子システム営業部 オートモーティブチーム Teledyne FLIR担当

TEL
  • TEL: 03-5427-7566 
  • Email: ctl-comm@cornes.jp
ページトップへ戻る