ニュース&イベント

ホシデン株式会社がUltraleap社技術を使用したタッチレスパネルを開発

ホシデン株式会社とUltraleap社の開発製品について

2020年9月17日、日本の大手エレクトロニクス企業であるホシデン株式会社は、Ultraleap社の技術を使用したタッチレススクリーンパネルを発表しました。

同社は、自動車・商業・産業業界の主要なテクノロジープロバイダーとして、不特定多数が利用するタッチパネルなどの操作部を介する感染症への対策に着目しました。
同社開発の「エア フォースフィードバック タッチパネル」は、電子システムによる空中コントロールを提供します。
Ultraleap社のテクノロジーによる空中触覚フィードバックが使用されているため、ユーザーは画面に触れる必要がありません。

ホシデン社製「エア フォースフィードバック タッチパネル」

 

同社のタッチレスパネルは、「オン/オフ」などの単純なコントロールだけでなく、より複雑な選択や操作も可能です。
本パネルのキーとなるイノベーションは「エア フォースフィードバック」の部分です。
ユーザーは指先の感覚でコマンドが受信されたことを確認できるため、エクスペリエンスが向上し、注意散漫を最小限に抑えます。
開発者は、ユーザーが画面を見なくても個々のコントロールを認識できるようにするなど、アプリケーションに最適な触覚効果を構成できます。

Ultraleap社のCEOのSteve Cliffe氏は、次のように語ります。
「世間の注目が高まるにつれて、タッチレスソリューションへの大きな需要が高まっています。 ホシデンは、このリスクに対処するだけでなく、直感的でプレミアムなユーザーエクスペリエンスを提供する当社のテクノロジーを使用したソリューションを生み出しました。 Ultraleap社はお客様がこのテクノロジーをどのように既存の製品や新しい製品に組み込むかを楽しみにしています。」

ホシデン株式会社は、非接触操作を必要とする製品(トランジット・発券機・トイレ・エレベーター・ATM・工場やオフィス向けのオートメーションシステム、等)に本タッチレスパネルが組み込まれ、
将来の自動車コントロールシステムの基礎を形成することを期待しています。

ホシデン株式会社について

1947年の創業以来、その技術を活かし、コネクタやスイッチなどの接続部品、音響部品、電磁部品、液晶デバイス、それらを組み込んだ組立品など、
数多くの製品を開発してきました。 ホシデンは、多用途部品メーカーとして社会・産業の発展に貢献し続けています。
詳細はこちら:https://www.hosiden.com/

Ultraleap社について

Ultraleap社の世界をリードするハンドトラッキング技術と、空中に触感を作りだす空中ハプティクス技術は、表面に触れることなく触感フィードバックを実現します。
タッチスクリーン、コントローラー、キーボード等も必要としません。
2Dディスプレイの発展から完全に没入型の3D体験の開発に至るまで、衛生的且つ新しいデジタル相互作用を作り出すことが可能です。

同社は、2019年にUltrahapticsによるLeap Motion社買収後に設立された新しいブランドです。現在、ヨーロッパ・北米・アジアで150人を超える従業員が従事し、
オートモーティブ・Out Of Home・産業用・XR・エンターテインメント・医療業界向けの空間コンピューティングを可能にするソフトウェア及びハードウェアを提供します。
ウルトラリープ社Webページ( https://www.ultraleap.com/ 

関連URL

本件に関するお問い合わせ先

電子通信ソリューション営業部

TEL
  • Tel. 03-5427-7566 
  • Email: ctl-comm@cornes.jp
ページトップへ戻る