ニュース&イベント

Audio Precision社、APX Bシリーズ オーディオアナライザ販売のお知らせ

Audio Precision社 (米国)より新しいCPUモジュールが搭載された次世代のAPxシリーズオーディオアナライザがリリースされました。

高速なダウンロード速度と任意の波形の長時間再生が可能となりました。

APx500ソフトウェア Version5.0では、任意の広帯域信号を使用してオーディオデバイスの伝達関数(デュアルチャンネルFFT解析)を測定することが可能となります。

■ 製品型番

 

※新製品/新型番は、現行型番(Legacy)の末尾に”B”がつきます。

※現行型番Legacy は、2019年6月末ラストオーダー終了 2023年12月メーカ保守終了予定  です。

■ APx555B製品特徴

・ 正弦波発生器の周波数安定度 300から30ppmに改善

・ 低ノイズと歪み >50kHz

・ アナログサインバーストジェネレータにおけるTHD + N残差の改善

・ 平衡シングルエンド出力構成と選択可能な極性反転

・(オプション) アナログ出力に対してVBias、コモンモードDCバイアス電圧

 

■ 制御用APx500ソフトウェア Ver5.0

広帯域信号を使用したオーディオデバイスの伝達関数(デュアルチャンネルFFT解析) 測定が追加。

現行のAPXシリーズのオーディオアナライザ(Legacy)につきましては、測定器の納品時期により一部有償となりますが、最新のソフトウェアをご使用いただけます。

測定器の型番、 製造番号、 メーカ出荷日(測定器の側面に記載)を弊社までご連絡をお願い致します。

 

Ver5.0をご使用いただく場合、KeyBoxが必要となります。

APx500 Ver5.0以降の制御用ソフトウェアの更新には、ライセンス契約が必要となります(有償)。

 

本件に関するお問い合わせ先

電子通信ソリューション営業部

TEL
  • 03-5427-7566
  • Email:ctl-ap@cornes.jp
ページトップへ戻る