frontline

フロントライン(Frontline Test Equipment)製品一覧 > X-240

X-240最新Bluetooth プロトコルアナライザ X-240

x240 製品写真

最新Bluetooth プロトコルアナライザ X-240

シングルモード( 同時測定は1 ハードウェアに対し1 規格) ならではのハイパフォーマンスモデルで、
最新の位置検地やアイソクロナス等、高負荷且つ複雑化するBluetooth 機能も台数無制限で測定可能。
顧客満足度の高いオーディオ解析ツールを標準搭載している他、 802.11a/b/g/n/ac、Zigbee (802.15.4) にも対応。

特長

●Bluetooth 5.2含む全てのCore Spec対応
●WiFi 802.11a/b/g/n/ac対応、 Zigbee 802.15.4対応
●ハードウェア1台につき、同時にキャプチャ出来るのは1規格 (ソフトウェアライセンス:LE, BR/EDR, 802.11, 802.15.4の何れか) 
 ハードウェア2台接続によって同時キャプチャが可能。
●オプション追加によるカスタマイズ可能
Audio Expert System標準対応
●デュアルキャプチャ時のタイムスタンプ同期可能(ハードウェア2台を専用ケーブルで接続)
(※詳細はデータシートをご参照ください)

■シングルモード(BR/EDRのみ, BLEのみ etc.)で使用することが多い
■Bluetooth 5.2以降の機能導入を検討している
■802.11ac/Zigbeeの導入を検討している
■多対多のデバイスを安定的にキャプチャしたい   などのお悩みを解決いたします。

<製品比較表>

オプション

● スペクトラム解析
● スタンドアロンモード
● HCI 解析 ( 最大8ch 迄) + ロジックアナライザ
Protocol Expert System

買い替え特価キャンペーン実施中! 期間:2020年12月17日迄ご発注に限り有効

(対象商品:BPA600 / Sodera LE / BPA LE
Teledyne社より新しくリリースされたBluetooth プロトコルアナライザX-240」への買い替え特価キャンペーンを実施しております。
期間限定となります。是非ご活用ください。

 詳細はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

操作画面

Wireless Protocol Suite (WPS)
X-240、Sodera 共通の解析ソフトウェア。
データ取得と信号復調、フィルタ、結果表示、エラー検出などのパフォーマンスを同時に解析できるほか、Message Sequence Chart 機能、 各チャネルのパケッ
トエラーレート表示機能といった多様な機能も搭載しています。

<主な解析機能>
◆プロトコル生データ・デコード結果表示
◆パケットタイムライン表示
◆ WiFi と同タイムスタンプでCoexistence 解析
◆電波干渉解析
◆ログのシーケンス表示
◆パケットエラーレート表示
◆スペクトラム解析 ( 要オプション)

 

wps

仕様

対応規格 Bluetooth V5.2
(今後のBluetooth規格アップデートにも対応)
WiFi 802.11a/b/g/n/ac
Zigbee 802.15.4
対応OS Windows10
電源 USB Type C
USB Wall Adapter with Power Delivery
USB Car Adapter with Power Delivery
Power over Ethernet
サイズ, 重量 W190.5mm x D101.6mm x T25.4mm,
約0.7kg
動作温度 0℃ to +40℃
動作湿度 Operating 10% to 90% RH
バスタイプ USB Type C
Ethernet (10, 100, 1000 Mbps)
SDR 動作周波 2395 MHz - 2485 MHz
入力信号範囲 - 90 dBm to +10 dBm
ロジアナタイム
スタンプ解像度
5 ns
各種規格適合 FCC part 15 B
IEC 60950
NRTL
CE
ARIB T-66
PSE
EMC
WPC
USBポート USB 2.0, USB 3.0

Bluetoothプロトコルアナライザとは

Bluetoothプロトコルアナライザの原理と仕組み
コンピューターや通信機器の間でデータのやりとりをしたり、受け取ったデータをパソコン内で処理する場合、データを扱う上での統一規約が必要になります。それが「プロトコル(protocol)」と呼ばれる通信規約です。

基本的にプロトコルが異なると、データのやりとりはできません。データ通信を伴う機器の開発では、このプロトコルの解析が非常に重要で、しかもプロトコルは複雑な階層構造になっているため、専用の装置を用いて高精度の解析を行う必要があります。

プロトコルアナライザは、そのプロトコル解析に特化した装置です。最近ではIoT機器や家電でも、Bluetoothのような新しい通信技術が使われていますが、Teledyne(テレダイン)社のプロトコルアナライザX240なら、Bluetoothまで含めたさまざまなプロトコル解析が可能です。

X240ハードウェア1台で測定できるのはプロトコル1規格ですが、ハードウェアを連結することで、複数のプロトコルを同時にキャプチャできます。また今後予想されるBluetoothのアップデートにも対応可能です。

 主な用途と市場
プロトコルアナライザは、BluetoothやUSBなどのインターフェイスを備えた通信機器の研究・開発に欠かせない装置です。
コーンズテクノロジーではX240をはじめ、BPA600やSoderaシリーズなど、さまざまなプロトコルアナライザを取り扱っています。

カタログ

 

カタログのダウンロードはこちら
  • フロントライン製品一覧
  • Bluetoothソフトウェア機能紹介
  • ソフトウェアオプション
  • Android端末のLink Key取得方法
  • お問い合わせ/デモ・見積依頼・ユーザー登録
  • Bluetooth/WiFi相互接続性試験サービス
  • ソフトウェアダウンロード
  • FAQ

PAGE TOP