frontline

フロントライン(Frontline Test Equipment)製品一覧 > ソフトウェアオプション > Bluetooth Protocol Expert System

Bluetooth Protocol Expert System

プロトコル解析用ソフトウェアオプション

Protocol Expert System (PES)はBluetoothプロトコルの解析サポートツールです。
Bluetooth通信で問題が起こった時、これまではプロトコル上どこに問題があるのかを発見するため、経験のあるエンジニアの高い技術力が必要とされていました。しかし、Protocol Expert Systemは、その問題を自動的に抽出し、Bluetooth仕様書の参照箇所までを同時に表示することで、問題発見から解決までにかかる時間を大幅に短縮することが可能です。 また、「BLEノイズジェネレータ」「A2DP Sinkシミュレータ」の機能も持ち、様々な観点でBluetooth問題の切り分けに役立ちます。 本ソフトウェアオプションは X-240 / Sodera / SoderaLE / BPA600に使用可能です。

仕様
対応製品 ◆ X-240
◆ ComProbe Sodera / Sodera LE
◆ ComProbe BPA600
対応プロトコル
対応プロファイル
L2CAP, SMP, ATT
A2DP, HFP(SCO/eSCOのみに対応)

Protocol Event Table

エラーの表示だけでなく、Bluetooth仕様書の参考箇所を表示します。
問題の内容から、どのように修正すべきかまでを一気に切り分けることが可能になります。

Protocol Event Table説明画像

Toolbox

機能① A2DPSync
A2DPのコネクションにおいて、Sodera/BPA600がSincデバイスを模擬します。(実際に接続・A2DPストリーミングが可能)
メリット
・A2DP通信において、問題の切り分けが容易になる
・A2DP通信を行いながら、エアログをキャプチャしプロトコルレベルで解析することが可能
・Sink(Sodera)のHCIログを取得することで、より詳細な解析が可能

Toolbox説明画像

機能② BLEパケットジェネレータ
Sodera/BPA600からBLEパケットを生成する機能。BLEノイズジェネレータとして使用できます。
メリット
・開発中の製品がLEトラフィックが存在する環境でどのような振る舞いをするかテスト可能
・Coexistence ViewでWiFi等と同時にモニタリング可能。より干渉に強いデバイス開発に貢献

Toolbox説明画像

PAGE TOP