事例集

CASE

ミックスドシグナルコントローラIC「C247Xシリーズ」の導入事例

ミックスドシグナルコントローラIC「C247Xシリーズ」の導入事例

国内大手電源アダプタメーカーに採用

今日のエレクトロニクス市場は、鉄や銅など原料コストの高騰、各種エネルギー規制の強化、お客様からの厳しい環境負荷物質削減要求などにより、低コストでシンプルな、そして何より高効率を実現する新たな電源の開発が求められています。このたび、国内の電源アダプタメーカーで、英国CamSemi社の画期的なコントローラIC C247Xシリーズが採用されました。時代遅れの低効率・高コストソリューションで支配されているリニア方式AC-DCコンバータ市場において、新たな技術革新が期待されています。

少ない部品点数で、小型・軽量化を可能に

 

採用された大きなポイントは、小型・軽量化がはかれることです。写真のACアダプタの場合、小型化は一目瞭然で、重量は約5分の1になっています。

 

 

 

CamSemi社独自の共振不連続フォワードコンバータRDFC(Resonant Discontinuous Forward Converter)方式の最大の特長は、トランスのサイズダウンです。電力容量が大きくなるほど、リニア方式とRDFC方式とでトランスのサイズ差が広がります。今まで大きくて重かったリニア式電源が、トランスのサイズダウンにより小型・軽量化を可能にしました。

 

 

 

「これまでは、リニア式電源の置き換えとして主にフライバック方式を用いた電源を提案していましたが、部品点数が多くなったりオーバースペックであったり、顧客にとっては満足のいくものではありませんでした。しかし、CamSemi社の製品を採用してからは、要求通りのスペックを、フライバック方式に比べて、少部品点数で実現することができました。」と評価いただいています。RDFC方式は、フライバック方式のようにトランスにエネルギーを蓄える必要がなく、フォトカプラなどのフィードバック回路も不要です。また、共振型のスイッチング方式により、Yコンデンサやその他のフィルタリング回路なしで低EMIを実現することが可能です。このようにして、要求通りのスペックを少ない部品点数で実現しました。

低コストを実現

従来型の電源変換方式であるSMPSタイプとリニアタイプの双方が持つ特長を低コストで実現できることも、採用の決め手となりました。C247Xシリーズを用いたRDFC方式は、トランスのサイズダウンと部品点数の低減により、原料コストと部品コストを削減できます。また、電源全体の小型・軽量化により、輸送コストの抑制にもつながります。

エネルギー規制で求められる高効率・低待機電力

効率アップの実現も重要なポイントです。RDFC方式で高効率が実現できる最大の要因として、ゼロ電圧スイッチングがあげられます。ここで用いられているバイポーラトランジスタは、電圧がゼロになるとオフするため、スイッチング損失を最小限に抑えられます。また、低負荷時にはスイッチのオン時間を最小限に短縮し、電力セーブをはかります。さらに、3.3VCMOSプロセスの採用により、コントローラそのものの電力消費が低減できます。

エネルギー消費は今や環境的にも社会的にも重要な問題で、世界規模での早急な対応が求められています。コンシューマ製品のエネルギー消費に関しては、米国が推進する省電力プログラムENERGY STARを代表に、世界的な規格制定が進んでいます。CamSemi社のC247Xシリーズを用いることで実現するRDFC方式は、高効率と低待機電力により、昨今の規格に準拠した電源開発を可能にする大変画期的なソリューションであり、コードレス電話やオーディオ機器などの、低EMIが求められている汎用アダプタには最適な製品です。

お客様へのメッセージ

リニア電源からの置き換えや低ノイズ化を検討されているご担当様は、ぜひ、このC247Xシリーズをお試しください。評価ボードも各種取り揃えておりますので、お気軽にお問い合わせください。英国CamSemi社は、オフライン時のエネルギー効率を最適化するオフライン・パワーマネジメントICの新生リーダーとして、小型・軽量かつエネルギー効率に優れた製品開発に力を注いでいます。C247Xシリーズに続いて発表された擬似共振フライバックコントローラIC C215Xシリーズは、一次側センシングのみで高いVIレギュレーションを実現できるため、携帯電話やデジタルカメラなど、8Wまでのポータブル機器向けアダプタやスタンバイ電源向けに最適です。ヨーロッパとアジアに技術センターを設置し、お客様のニーズに沿ったサービスを提供すべく、サポート体制の強化にも努めています。今後も新しい製品の発表を予定していますので、ご期待ください。

[2009年8月10日 掲載]

AC-DCコントローラ (共振不連続フォワードコンバータ) C2470シリーズ

低EMI・低コストを実現
CamSemi社のミックスドシグナルコントローラC2470は、独自の不連続フォワードコンバータ(RDFC)トポロジーにより、高効率・低コストSMPSソリューションを実現させ、様々な絶縁型電力変換アプリケーションに最適です。

 

ページトップへ戻る