オーディオプレシジョン

Audio Precision社は、業界標準オーディオアナライザのサプライヤとしての立場を確固たるものにしています。
オーディオアナライザとそれにかかわる製品以外のラインナップはございません。
また、同社製品の修理・校正については日本国内でのサービス体制を整えています。
Audio Precision社 オフィシャルサイト

 

オーディオプレシジョン製品一覧 > 製造試験向け・ローコストタイプ オーディオアナライザ APx515

製造試験向け・ローコストタイプ オーディオアナライザ APx515B

製造ラインでの試験に最適化された高性能オーディオアナライザ
- 製造試験にオーディオプレシジョンのパフォーマンスを -

APx515はGUI経由でスタンドアローン動作させることもできますが、.NETやLabVIEWアプリケーションから制御することもできます。どちらの場合でも、キーボード、フットコントローラ、バーコードスキャナなどから制御できます。また、完全に自動制御とすることも可能です。スイッチャーや、合否判定表示用ライトなどの外部デバイスもサポートしています。

スタンドアローンモードでは、一般的なオーディオ測定のリストから測定項目を選択することで、複雑な試験シーケンスをコーディングすることなく組むことができます。また必要に応じて合否リミット、拡張構成、ユーザープロンプトを追加設定でき、レポートの形式もMicrosoftWordによるグラフィカルなレポートやCSV出力などから選択可能です。不慮の変更から製造ラインで運用するプロジェクトファイルを守るためにプロジェクトの変更をロックすることもできます。

自動化された工程では、.NETやLabVIEWといったマスターアプリケーションからAPI、 APx LabVIEWドライバーを利用してAPx515を制御します。個々の測定を生成したり、マスターアプリケーションから、予めAPX UI上で作られた試験シーケンスを呼び出すこともできます。

特長

  • THD+N -106 dB(代表値)  FFT 1,000,000ポイント
  • コーディングすることなく3秒で全試験シーケンスを完了
  • ワンクリックで測定できるインタラクティブ ユーザーインターフェース
  • VB、.NET、C#.NET、 LavVIEWドライバに対応
  • スペースを占有しない小型ボディ、重量わずか4 kg
  • MicrosoftWordやAPx UIを使用してレポートのをカスタマイズ
  • IMD、MOL、ダイナミックレンジ、FFTなどを含む拡張測定ライブラリ
  • プロジェクトファイル、.wav アクイジションファイルは

    他のAPxシリーズを共通

仕様

出力性能
残留THD+N (20 kHz BW) –102 dB + 1.4 μV
Typical <–106 dB (1 kHz, 2.0 V)
サイン周波数レンジ 2 Hz to 80.1 kHz
周波数確度 3ppm
IMDテスト信号 SMPTE, MOD, DFD
最大振幅(平衡) 16.00 Vrms
振幅精度 ±0.05 dB
フラットネス (5Hz-20KHz) ±0.010 dB
解析性能
最大入力電圧 125 Vpk
最大帯域幅 >90 kHz
IMD測定能力 SMPTE, MOD, DFD
振幅精度 (1 kHz) ±0.05 dB
振幅フラットネス(10Hz-20KHz) ±0.010 dB
残留入力雑音(20 kHz BW) 1.4 μV
最大FFT長 1024K points

オプション・アクセサリ

カタログ・資料

テクニカルノート・技術情報

 
  • オプションアクセサリ
  • ソフトウェア概要説明ダウンロード
  • 製品総合カタログダウンロード
  • お問い合わせ/デモ・見積依頼・ユーザー登録
  • カスタマーサポート校正・修理・依頼
  • FAQテクニカルノート
  • ユーザー登録メルマガ配信・割引特典