オーディオプレシジョン

Audio Precision社は、業界標準オーディオアナライザのサプライヤとしての立場を確固たるものにしています。
オーディオアナライザとそれにかかわる製品以外のラインナップはございません。
また、同社製品の修理・校正については日本国内でのサービス体制を整えています。
Audio Precision社 オフィシャルサイト

 

オーディオプレシジョン製品一覧 > マルチチャネルモジュールタイプ オーディオアナライザ APx58xシリーズ

マルチチャネルモジュールタイプ オーディオアナライザ APx58xシリーズ

最大16チャネルまで同時測定可能なマルチチャネルオーディオアナライザ

APx585は、ホームシアターレシーバなどのコンシューマオーディオや、ミキシングコンソールなどのプロオーディオに最適な、8チャネルのアナログI/Oを搭載したマルチチャネルオーディオアナライザです。 本製品はは、8チャネルの信号を同時に測定することで、2チャネルアナライザ+スイッチャ―という組み合わせと比べ、測定時間を短縮できるだけではなく、入出力チャネルにおける特性の全体像が正確に測定可能です。

APx582は、8チャネルのアナログ入力と、DIM/TIMの歪測定や20,50,75,100,600Ωの出力インピーダンスが選択可能な2チャネルとアナログ出力を搭載したアナライザです。

APx586は、車載デバイスや、プロオーディオミキサーなどに最適な、16チャネルのアナログ入力と、8チャネルのアナログ出力を搭載したアナライザです。

特長

仕様

出力性能
残留THD+N (22 KHz BW) -103dB + 1.4uV
Typical <-108dB (1kHz, 2.5V)
正弦波周波数レンジ 5Hz - 80.1kHz
IMDテスト信号 SMPTE, MOD, DFD
最大振幅 (平衡) 14.4Vrms (APx585 / 586)
21.22Vrms (APx582)
デジタル出力サンプリング・レート 22 kS/s - 216 kS/s
解析性能
最大定格入力電圧 160Vpk
最大帯域幅 > 90kHz
IMD測定能力 SMPTE, MOD, DFD
残留入力ノイズ (20kHz BW) 1.3uV
ハーモニックアナライザ H2 - H10
最大FFT長 1248K ポイント

オプション・アクセサリ

カタログ・資料

テクニカルノート・技術情報

 
  • オプションアクセサリ
  • ソフトウェア概要説明ダウンロード
  • 製品総合カタログダウンロード
  • お問い合わせ/デモ・見積依頼・ユーザー登録
  • カスタマーサポート校正・修理・依頼
  • FAQテクニカルノート
  • ユーザー登録メルマガ配信・割引特典