【卓上で簡単に層間剝離検査・内部構造測定が可能!】可搬型テラヘルツセンサ SPG/LSG

【卓上で簡単に層間剝離検査・内部構造測定が可能!】可搬型テラヘルツセンサ SPG/LSGポータブル型 内部構造検査・多層膜厚の測定

  • 内部構造検査
  • 多層膜厚の測定
  • ポータブル簡単操作

製品概要

TeraMetrix(テラメトリクス)社が提供するSPG(Single Point Gauge)及びLSG (Line Scan Gauge)シリーズは、従来困難であった不透明体材料の内部構造検査や多層膜厚をボタンを押すだけで直接測定することができます。測定ツールはモジュール式であり、対象物に応じてストレート又は直角型の測定チップを使用する事ができます。
使いやすいタッチスクリーンディスプレイは、測定の構成と動作モードの選択を可能にします。

ポータブル型簡単操作で、内部構造検査や多層膜厚の品質管理を実現!

  • コンパクトなシステム設計
  • タッチスクリーンによる簡単操作
  • 1度に最大3つの測定表示が可能
  • 従来の光技法では困難であった黒色・白色などの不透明体でも測定可能
  • 安全設計(アイセーフ)により有資格者が不要
  • 豊富な事前定義済みの測定設定の選択が可能

メーカーサイトはこちら

様々な測定・検査に応用が可能!

【主な測定内容】
厚み(数um~)*対象物による
多層厚み(層間剝離)
坪量(重量・密度)
キャリパー厚み
%水分*対象物による

アプリケーション事例① 非連続Web

主なアプリケーション:

・コーティングや多層押出における厚さや層構造のスポットチェック
・厚み、坪量、層間剝離の品質管理
・成形構造や基材との間の接着具合の評価

アプリケーション事例③ その他新市場・新素材

主なアプリケーション:

・エアロスペース(複合材の検査)
・パウダーコート(医薬・食品)
・燃料タンク(エネルギー・自動車関連)
・特殊被膜の測定(公共・インフラ)

主な仕様とシステム構成内容

主な仕様:

・測定距離:25又は75mm
・通信ケーブル長さ:5,10,15又は30m
・厚さ測定確度:0.8μm
・サイズ:6.35×7.62×26.67cm
・重量:2.0kg(5mケーブル使用時)

付属品:

・通信ケーブル付きセンサヘッド
・THz用コントローラ
・アクセサリキット
・専用ソフトウェア

 

テラヘルツ(THz)とは??

IR (赤外線)とマイクロ波間のEM(電磁波 )スペクトルの一部であり、時間領域テラヘルツ(TD-THz)は、物理的性質の測定によく使用される方法です。

単一サイクルの非常に狭い(<1ps)EMパルスが生成され、超音波のEMアナログ信号のように良く使われます。

テラヘルツ技術センサと代替えセンサ(既存技術)との比較

カタログダウンロード

ムービー

SPG製品 紹介動画

産業用検査機器の
ご相談はこちら

産業機材営業部(検査機器)

  • 東京:Tel.03-5427-7560
  • 大阪:Tel.06-6532-1017
  • お電話での受付時間:
    平日の(土日祝を除く) 9:00~18:00
お問い合わせはこちらから
ページの先頭に戻る