オンライン表面粗さ測定システム マイクロプロファイラー MP9000/MP900

オンライン表面粗さ測定システム マイクロプロファイラー MP9000/MP900粗さ・形状計測検査器

  • 3D表面粗さ測定
  • 非接触式
  • リアルタイム測定
  • オンライン・インライン対応

製品概要

MP9000/MP900は、オンライン計測を必要とするアプリケーションに最適な光学式表面粗さ測定システムです。非接触による表面粗さ解析と実験室の精度をオンラインで自動的に提供するプロセス制御用のプラグ&プレイシステムです。
両モデルともFocalSpec(フォーカルスペック)社独自の特許技術に基づいた測定技術であるLIC(ラインコンフォーカルイメージング)技術を採用しており、これらを用いて表面形状や粗さ計測を製造ライン上で行うことにより歩留まり向上・品質のトレーサビリティ管理を容易にします。

オンライン計測に最適な光学式表面粗さ測定システム

・高精度3次元粗さ測定および表面プロファイリング(ISO規格準拠)
・LED可視光を用いた安全設計と長期安定性
・計測対象の色や材質を問わない
・オンライン/インラインに対応した高速測定
・Ra/Rzなどの標準粗さパラメータに対応(オプション)

メーカーサイトはこちら

【MP9000】ウェブ、フィルム、シートなどの表面粗さ測定に最適

MP9000は、ポリマーフィルム、シート、ラミネート及びコーティングなど、平坦な表面を持つアプリケーションの粗さ測定に最適です。LCI(ラインコンフォーカルイメージング)技術によって、高い反射率を持つ光沢製品/艶消し製品、透明/不透明製品、高い濃淡を持つ製品、色付き製品などの、様々な材質の計測を実現した測定システムになります。

また非接触方式を採用していることにより、やわらかく弾力性のある材質や、多孔質材質、壊れやすい材質の測定も可能になりました。測定システムは、自動レポート機能を搭載しており、トレーサビリティに必要な幅方向粗さや流れ方向粗さのプロファイルを出力します。

【MP900】ケーブル、チューブ、ワイヤの表面粗さ測定に最適

MP900はケーブル・ワイヤの表面粗さ計測をオンライン/インラインでリアルタイムに計測する事を可能にしたシステムです。MP900の測定システムもまた、MP9000と同様のインターフェースを搭載しており、自動レポート機能は測定結果の評価・解析に最適です。

MP9000/MP900を導入することで得られる主なメリット

プロセス変化と異常変動の即時検出が可能
・マニュアルでの製品サンプリングと品質管理チェックに必要な時間と労力の削減
・マニュアル測定や記録エラーがない信頼性の高い結果を提供
・全バッチの品質レポートを自動的に作成
・製品の表面粗さを改善、クレーム、廃棄物および不合格品の削減

LCIシステムにより、フィルタリングが不要な高速測定が可能に

LCIとは??
FocalSpec(フォーカルスペック)社の新しいコンフォーカルイメージング(LCI)技術は、1秒間に最大5kHzの高速サンプリングで、静的・動的な様々な表面状態を高速かつ高分解能で3D測定を行うことが可能です。

測定した結果は、ISO規格に準拠したRa、Rsm、Rzなどの表面粗さや、表面形状解析に対応しています。特許技術であるLCI技術は、計測対象の色や材質を選ばないため、今まで計測が困難であった金属(光沢仕上げ)やプラスチックフィルム(透明)のワークを安全性を維持したままサブミクロンのZ分解能で計測が可能です。

3D表面プロファイル、3D寸法計測およびトモグラフィ、バリ高さ、表面粗さ、シール品質検査等で使用することができます。

LCIの動作原理
①LEDから照射される白色光を、プリズム光学部品で数千の波長の連続スペクトルに分割
②分割された各波長は、センサから一定の距離にある平面上に集束
③高さ情報と紐づけられた波長のうち、焦点が合う波長のみがレンズを経由しラインセンサに入射
④2048ピクセルのラインセンサ上に入射された波長から、高さ情報を算出し結果を出力

結果は後処理もない生データのため高速計測が可能です。

LCIと既存技術との比較

LCIシステムで得られるメリット
・より高速での表面プロファイル計測 (t =  1 µs…10µs)
・製造ラインでの振動への高い耐性
・直接測定法 (実際の表面輪郭測定に基づく)
・移動するワークの測定も可能
・透明体や金属のような光沢のある素材でも利用可能
・ワークの表面色や質感での影響度無し

得られた結果を日本語対応のソフトウェアFocalSpecMapで解析

得られた結果は日本語対応のソフトウェアFocalSpecMapで解析可能
UULAにより測定した結果は、日本語対応したソフトウェアFocalSpecMapにより、ISO規格に準拠したRa, Rsm, Rz(粗さ値)、表面形状解析(Surface Profiling)、及びヒストグラムなどの解析が可能であり、必要に応じて各種データ形式で後処理用にエクスポートする事が可能です。そのため、製品のバッチ品質評価や研究開発のように最適なシステムとなっています。

解析する内容に応じて3バージョンから選択可能
FocalSpecMapソフトウェアはStandardバージョンをベースに、より機能が追加されたExtendedやPremiumバージョンにアップグレードが可能になっています。用途に合わせて、Standard、Extended、Premiumの3種類のバージョンから選択可能です。
①2D advanced surface texture:2D表面テクスチャーの解析を行うための機能
②Contour analysis:プロファイルの幾何寸法および公差の評価を行うための機能
③Statistics:測定結果の統計解析を行うための機能

アプリケーション

・フィルム、金属など、今まで計測が困難であった材質のシート状の表面粗さ・形状計測をオンライン/インラインで実現
・オンライン/インラインでのワイヤケーブルの表面粗さ計測

仕様概略

【MP9000の主な仕様】
測定パラメータ:Ra Rz RSm (その他パラメータ追加可能)
統計機能:Std Cpk
レポート機能:グラフィックおよび数値
Ra測定範囲:0.5~20μm
Ra測定再現性:0.03μm以上
対応ウェブ幅:カスタム対応可能
対応ラインスピード:最大150m/分

【MP900の主な仕様】
測定パラメータ:Ra Rz RSm
統計機能:Std Cpk
レポート機能:グラフィックおよび数値
Ra測定範囲:0.5~20μm
Ra測定再現性:0.03μm以上
最小計測直径:1mm
測定速度:250回/秒

カタログダウンロード

産業用検査機器の
ご相談はこちら

産業機材営業部(検査機器)

  • 東京:Tel.03-5427-7560
  • 大阪:Tel.06-6380-2801
  • お電話での受付時間:
    平日の(土日祝を除く) 9:00~18:00
お問い合わせはこちらから
ページの先頭に戻る