マイクロウェーブ水分計 MX8000

マイクロウェーブ水分計 MX8000水分測定器

  • ポータブル型
  • 紙の水分測定器
  • 検査内容:紙の水分

製品概要

「MX8000」は、マイクロウェーブガイドを装備し、紙・ボード紙などの多種多様な紙に含まれる水分量を高速測定する高精度測定器です。コンバーテック・印刷業界における生産ラインや研究所での使用に対応した設計です。

高精度で簡単・スピーディな紙の水分測定を実現

  • 高精度:測定精度±0.1%の含有水分(乾燥法との比較)
  • 従来の乾燥法に比べて時間を大幅短縮、効率性向上
  • 紙タイプを選択し坪量を入力するだけの簡単操作
  • プレキャリブレーション:10種類の紙タイプに対応した検量線を予め入力、すぐに使用可能(最大90種まで追加設定可能)
  • ポータブル型、軽量で持ち運び可能

メーカーサイトはこちら

アプリケーション(被測定物)実績

新聞紙、壁紙、グラシン紙、塗装版、包装紙、吸い取り紙、便箋、上質紙、紙幣用紙 など

10種類までの紙種類用設定をあらかじめプリセット

MX8000には10種類の紙に対応した設定(検量線など)があらかじめプリセットされています。初期設定の手間を省き、紙タイプを選択して坪量を入力するだけで、すぐにご利用頂けます。
設定されている紙タイプ以外に、お客さまにて最大90種類までの追加設定が可能です。

<測定の手順>
紙タイプを選択 ⇒ 坪量を入力 ⇒  測定器に被測定物をセット⇒   数秒で測定し、水分値を表示

水分量を測定するしくみ

MX8000の測定部の内側両面にはマイクロウェーブガイドが装備されています。測定部に被測定物を挟むことでウェーブガイドにマイクロ波が発信され、被測定物に含まれる水分量に応じてマイクロ波が吸収されます。この吸収量を演算して水分値が測定されます。

色・印刷・表面仕上げ・大きさなどの影響はありません

被測定物を透過して測定するため、色や表面仕上げ、同一サンプル内の水分のばらつきによる影響は受けません。
測定部は被測定物をしっかり固定する頑丈な合板仕様で、本体に搭載された温度センサーにより、被測定物の温度を検知し自動で補正します。

※マイクロ波はポリエチレンなどのプラスチックにほとんど影響を受けないため、被測定物をポリエチレン袋に入れたままでも測定できます。紙サンプルをポリエチレン袋に入れることで水分変化を防ぎ、品質を保持できます。

高安定性・高再現性

MX8000はモバイルテクノロジーに採用されている高性能マイクロ波発信器・受信器を搭載しており、高い安定性と再現性能を発揮します。(坪量の重い紙サンプルでも±0.1%の再現性で測定できます。)

測定者に誤差がなく、誰でも簡単に精度の高い測定結果が得られます。

概略仕様

測定方式: マイクロウェーブ
測定範囲: 1-15%
測定精度: ±0.1%含有水分(乾燥法との比較)
分解能: 0.1%以上の含有水分

カタログダウンロード

産業用検査機器の
ご相談はこちら

産業機材営業部(検査機器)

  • 東京:Tel.03-5427-7560
  • 大阪:Tel.06-6380-2801
  • お電話での受付時間:9:00~18:00
お問い合わせはこちらから
ページの先頭に戻る