【非破壊 360度リンクルの自動識別可能】高分解能・高速X線非破壊巻締検査装置 SEAMScan XTSシリーズ

【非破壊 360度リンクルの自動識別可能】高分解能・高速X線非破壊巻締検査装置 SEAMScan XTSシリーズ製缶用検査器

  • 非破壊によるしわ(リンクル)の測定
  • 缶の巻締部の360度スキャン
  • タイトネス%の自動検出及び計算
  • カバーフックの異常数を明確に可視化
  • 360度スキャンによるリーカーの発見

製品概要

CMC-KUHNKE(CMC-クンケ)社が提供するSEAMSCAN XTSシリーズは、従来のX線技法での課題であった分解能の面で大幅な改善が図られた高分解能・高速X線非破壊巻締検査装置です。
ダブルシーム検査(シーム高さ、Body Hook、Cover Hook、Overlap、シームギャップ、% Body Hookバッティング)の他に、360度全周にわたるリンクル(しわ)の評価や欠陥検出が可能です。
又、完全自動化モデルであるAUTO-XTSでは、ユーザは入り口のコンベアに検査対象となる缶を置くだけでXTS-IIIで測定しないCan Height, Seam Thickness及びCountersink depthも完全自動ですべての測定が実行されます。
【完全非破壊】による巻締検査により、従来の断面法よりも高速且つ安全でオペレータに依存しない検査結果を提供します。

缶巻締検査における全ての測定パラメータをオールインワンで実現可能な完全非破壊巻締検査装置

  • 非破壊によるしわ(リンクル)の測定
  • 缶の巻締部の360度スキャン
  • タイトネス%の自動検出及び計算
  • カバーフックの異常数を明確に可視化
  • 360度スキャンによるリーカーの発見

メーカーサイトはこちら

概略仕様

対応直径範囲:50 ~ 153 mm (200 ~ 603) 又は 40 ~ 127mm (109 ~ 502)
測定項目:Seam Height, Body Hook, Cover Hook, Overlap, Seam Gap %, Body Hook Buttingと%しわの評価(%タイトネス)及びタイトネス評価のための360°スキャン
対応最大高さ:246mm / 9.69″ (911)
最大測定可能位置:位置 Virtual Seam™: 缶周りで最大99までの位置、Virtual Teardown™ (しわ検出): 360°
検査時間:(52mmエンドでの測定例)  3 x 断面測定 = 15秒、3 x 断面測定 + 360°スキャン(タイトネス及び欠陥検出) = 60秒

カタログダウンロード

産業用検査機器の
ご相談はこちら

産業機材営業部(検査機器)

  • 東京:Tel.03-5427-7560
  • 大阪:Tel.06-6380-2801
  • お電話での受付時間:
    平日の(土日祝を除く) 9:00~18:00
お問い合わせはこちらから
ページの先頭に戻る