産業用インクジェットプリンタ

コーンズ テクノロジー株式会社 インダストリアル マシナリー カンパニー (旧コーンズ ドッドウェル コーディング(株))が取扱う産業用インクジェットプリンタの製品一覧ページです。
食品の個包装などに賞味期限や消費期限、ロット番号、製造所固有番号などを印字する小文字・個別パッケージ用、段ボールやカートンボックスなど製品の外箱に大きな文字や絵柄を印字する大文字・段ボール用、1000℃まで加熱しても文字が消えない高温耐熱製品用など*(*素材や条件によります。)、様々な用途に適した産業用プリンタを取り揃えています。

小文字・個別パッケージ用

連続式インクジェットプリンタの原理

小文字用インクジェットプリンタの仕組み

連続型/コンティニュアス型
小文字・個別パッケージ用の産業用インクジェットプリンタは、印字をしていない間もインクを常時噴射しているため、連続型またはコンティニュアス型プリンタと呼ばれています。

文字が印字されるまで
プリンタ内では帯電物質を含んだインクがポンプによって、インクリザーバーと呼ばれるインクタンクからプリントヘッドに送り出されます。インクは小さなノズルを通して噴射され、さらに超音波振動によって毎秒数万個の均一で小さなインクの粒に分解されます。

粒になったインクは、帯電電極板の間を通る際にひとつひとつ異なる電圧で帯電され、一定電圧のかかった偏向板の間を通過する際に帯電量に応じて偏向されます。つまり、高い帯電量をもったインク粒ほど遠くへ偏向され、低い帯電量を持ったインク粒ほど手前に落ちて、5×5、7×5、12×10、16×10、21×15、といったドッドマトリックスの文字を形成します。

文字を形成する上で必要のないインク粒は帯電されずに、そのまま真っ直ぐガターに入り、インクタンクへ回収されて再利用されます。

産業用プリンタ/マーキング機器の
ご相談はこちら

産業用プリンタ営業部

  • 東京:Tel.0120-958-184
  • お電話での受付時間:9:00~18:00
お問い合わせはこちらから
ページの先頭に戻る