水分・膜厚・多成分測定器への導入事例

水分・膜厚・多成分測定器への導入事例

【赤外線 水分・多成分計】水分計で食品の水分含有量を測定して歩留りを改善

食品を製造する際、製品に含まれる​水分量は品質を左右する重要な指標のひとつです。規定量より含有水分量が多いと、カビが発生しやすくなったり、菌が繁殖して腐敗しやすくなったり、食感が悪くなったりする恐れがあります。スナックフードの製造においては、①水分、②油分、③揚げ上がり後の色、の3点で味...

【赤外線多成分計】石炭の水分含有量を正確に計測して良質な石炭の判別に貢献

燃料として使用される石炭は、不純物や水分含有量が多いなどで品質が悪いと着火しづらく発熱量も低くなり、より多くの石炭を使わなければいけなくなります。結果、石炭そのものの購入コストや輸送にかかるコストが割高になってしまいます。また、低品質な石炭を燃やすとボイラーや炉に負担がかかり、故障等のトラブルを...

ページの先頭に戻る