導入事例

透明蛍光インク【MEK非含有】アルコールベースの透明インクでトレーサビリティを実現

食品業界
アルコール・ベースの透明蛍光インクで商品1つ1つに個別の識別情報を印字

ある食品メーカー様では、発砲スチロール製トレー入りの製品をロット単位ではなく1個単位で識別できる仕組みの導入を検討されていました。
製品が食品なので有機溶剤(MEK)ベースのインクを避けたい要望はあったものの、アルコール・ベースのインクでは発砲スチロール製容器に印字してもインクが消えやすく、困っておられました。

お客様のお困りごと

製品を1個単位で識別・管理したい。
有機溶剤(MEK)ベースのインクの使用に抵抗がある。
アルコール・ベースのインクでは容器(発泡スチロール製)に印字しても乾きにくく、消えやすい。

インダストリアルマシナリーカンパニーからのご提案

  • ドミノAシリーズi-Tech A520i
  • アルコール系透明蛍光インク
  • 2次元コードを用いた製造年月日、時・分・秒・固有の管理番号の印字

導入のポイント

>> アルコール・ベースの透明蛍光インクが適用できた

アルコール系の透明蛍光インクが提供できるのはドミノだけ!
透明蛍光インクで2次元コードを印字したことで、消費者様に不要な情報を見せることなく1個単位の商品識別が可能な仕組みを導入することができた。

>> アルコール・ベースのインクでも発砲スチロールに強接着した

MEKベースのインクに比べて接着性が弱いと言われているアルコール系インクでも、発泡スチロール製容器に良接着した。インクの乾燥時間も約1.5秒と十分短く、印字擦れ等の問題は引き起こさなかった。

>> 臭いが少なく人体に無害なインクを採用できた

安全なエタノール・ベースのインクを使用できたことで、製品の生産に影響を及ぼさないのはもちろんのこと、操作するオペレータの身体にも優しいプリンタを設置できた。

>>プリントヘッド手洗浄の回数激減と安定稼働

プリントヘッドのノズルシーリング機能と自動洗浄機能により、他のライン使用している他社製プリンタよりプリントヘッドの手洗浄回数が大幅に減ることになった。

この食品メーカー様には、プリンタ性能とインク性能を評価いただき、他工場もあわせて20台以上のインクジェットプリンタを導入いただきました。

ドミノ製透明蛍光インク  印字対象物 実績例
素材: PE、PET、紙、不織布、発泡スチロール、金属、ガラス など
形状: 包装フィルム、樹脂キャップ、化粧箱、ボトルキャップ、PETボトル、プラスチック製食品外装パッケージ、カップ型容器、電子部品、基盤端子、缶など
耐性: 冷蔵、耐水、耐熱、耐スチーム

この導入事例でご紹介した製品はこちら

お問い合わせはこちらから
ページの先頭に戻る